新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

家賃滞納について、ご相談したいのです。

ベストアンサー

0

滞納している事が悪いと自覚しております…。 今すぐの支払いは厳しく、住居確保給付金が役所から貸主に送金後に当方に返金してもらう話になっており返金を待っている状況で上乗せ出来ても数千円になると保証会社に伝えました。 その後の支払いに関しては書面にて提示したのですが、その部分に関しては何も話がありません。

その他の回答(4件)

0

まず賃貸借契約書の契約解除の事由として◯カ月分の賃料が未納となった場合。的な文言があると思います。保証会社もオーナーもそれに基づいて明渡し訴訟を起こします。(基本2~3ヶ月) 交渉について、保証会社にもよりますが毎月1か月分+○万など具体的な返済計画を立て、しっかりと実行出来れば提訴する事はないと思います。 ただ、質問者様が何ヵ月分滞納してるかにもよります。 連絡はしっかり取っていても3ヶ月分以上の滞納が解消されない場合、提訴される可能性は高いです。 提訴された場合滞納分全額精算しない限り確実に負けます。 言葉よりも行動で示した方が信用はされると思います。

0

毎週でも少しずつ支払いをしているなら2ヶ月程度では提訴は難しいでしょう。確かですが、法律で決まっているはずです。(ごめんなさい、詳しくは自己で調べてください) ただ、前歴支払いをしていました等は関係なく上記範囲には含まれないかと また、以下が考えられます。 ① 3ヶ月以上滞納を超えている 連絡がつきにくい 約束を破る行為等が目立ち信用がない →弁護士を介入するケースがあります ② 保証会社が免責として契約を解除される。 →オーナー・管理会社の賃貸契約規定にひっかかり強制退去を伝えられる可能性はあります。保証委託契約証等に詳しく記載されていると思うので確認した方が良いです。 どれだけの返済意思を伝えても、正直言って保証会社からしたら結果が全てになります。 心優しい保証会社でない限りは返済リスクがある人は保証を切りたいのが一番である為、多分厳しいかと。 シンプルに考えて、現在の収入状況と見合ってないので有れば行うべき処置(家賃を下げる為引っ越す・実家に戻る等)を指摘されるのは正当です。 その他支払いがあるなどは保証会社には関係がなく、それは質問者様の都合として片付けられるでしょう。 厳しい世の中ではありますが、これが現状であり、同じ状況下の人はごまんといて、生活維持のため寝ずに働いている人もいます。 苦しいとは思いますが、絶対にそこに住んでいなきゃならない理由なども無いと思うので一度パートナーと話し合い、考え直された方が良いと思います。

滞納は三ヶ月になりますが、10万円を先月と今月に支払います。 現状の滞納分としては金額だと三ヶ月分には値していない状況ですが、心配なので契約書を確認してみます。 引っ越しをするにも費用が必要になると思いますが、そちらを捻出するのも難しい状況にあり社協や役所でも再三の相談をし現在に至っております。

0

滞納分を保証会社がオーナーに支払ってるが、このままだと提訴する前に契約解除になって滞納分の請求がくる。 支払う意思はあっても現状家賃を払えてないので同居人と話し合って契約解除して退去し一度実家に戻るなりして 生活を立て直したほうがいいと思う。 本人が払えないとなると保証人に滞納分が請求されるため今度は質問者の立場が悪くなり次に賃貸を借りようとしても借りにくくなる。

1

保証会社がたてかえて大家にしはらいしてますからコロナの影響があっても おそらく提訴はして退去させたいのでしょうね

1人がナイス!しています