最近、インターネット記事で「プロテインを飲んではいけない」(牧田善二)というセンセーショナルなものがありました。

トレーニング | ダイエット、フィットネス399閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます

お礼日時:5/16 22:03

その他の回答(7件)

0

プロテインはタンパク質なので、 接種したからといって筋肉は増えないですよ。 筋トレ後の修復を補助するのに効果的というものなので 筋肉を増やすにはトレーニングが不可欠です。 トレーニーが飲んでいるから プロテイン=筋肥大というイメージになっているだけかと思います。

1

適正量をはるかに超える分は、負担にならないはずがありません。それはお酒や油のとりすぎと同じ感覚です。ただ、タンパク質のとりすぎで、内臓を壊すという実験はたしかないと、聞いたことがあります。 手元にある石井直方氏の筋肉まるわかり大辞典2よれば、アスリートは体重✕2グラム、運動してない人でも体重✕1.5グラムはこれまでのデータ上で、ある種安全が保証されている量との趣旨が書かれています。 「ポテトフライは食べてはいけない!」というタイトルも成立しそうですね。 いずれも、摂りすぎはよくないと、石井先生も言ってます。ただし、プロテイン=悪は、飛躍してますね。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

「人工的なタンパク質」などと書いている時点でアホ確定です。 読む価値はありません。

1人がナイス!しています

0

眉唾物でしょう。 プロテインを摂取して筋トレをすることで、筋肉量が効果的に増えるのは昔からの定説です。 これを覆すのであれば、極めてエビデンスレベルの高い大規模な調査が必要になります。

2

牧田はトンデモだって。 https://powerfulsenior.com/isproteinpowderbad/ https://yoriyoiseikatu.com/makita-zenji-protein マクロビオティック系はたぶんに宗教的でもあるし、糖質制限系の医師にはトンデモな輩が多い。 「○○はいけない」と「○○に過大な期待はしないように」とは意味合いが全然違うけど、この手の連中はごっちゃにして読者の不安を煽ることで本が売れるパターンを知ってるから、後を絶たないね。

2人がナイス!しています