森友学園・公文書改竄問題「赤木ファイル」。国が一転して存在を認めた件。 国は、いわゆる赤木ファイルについて、

政治、社会問題 | 情報番組、ワイドショー40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

赤木氏の遺書をご覧になりましたか? 赤木氏は改ざんの過程について「大阪地検はすべて知っている」と書いています。 その大阪地検は財務省の公文書改ざんについて不起訴処分にしています。 大阪第一審査会は「不起訴不当」を議決したため、大阪地検は再捜査を行いましたが再度不起訴処分にしています。 財務省の調査では佐川氏と中村課長を停職処分に、近畿財務局員を厳重注意処分にしています。 財務局は改ざんの責任が佐川氏に有ったことを認めており、裁判で「赤木ファイルの必要性」はないのです。 裁判で争われているのは「自殺の責任」なのです。 自殺の責任が他人にあるとはよほどのことが無い限り認められないでしょう。(大阪地検の捜査で、「文書改ざんが犯罪とまでは言えない」と言う結論が出ているのです。)