ルアー釣りの人はなぜリールのハンドル、左が多いの?

補足

通常リールは右ハンドルで売られていると思っていた、まず一点です。あと私もサウスポーなんで左から投げて右で巻くこれが普通だったので考えるに至った理由だろうか。

釣り1,108閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(13件)

1

右で投げた時の効率を考えたらそうなります。

1人がナイス!しています

0

ルアー釣りに限らず最近は左巻きのベイトリールが増えてきています(スピニングはどちらでもで関係ないが)。昔のベイトは右しか無かったので、右利きの人は右で竿を操作し、巻くときは持ち替えて右で巻き、さらにタモ入れでまた持ち替えてと煩わしかった。 利き手と非利き手を考えた場合、力があり器用なのが利き手で、竿をしっかり持ち操作するには便利である。一方のリールを巻くのは非利き手で単純に回すだけで慣れれば簡単である。また利き手は操作性のみならず感覚がより敏感なので、効きあわせとかとっさのあわせの時に瞬時に対応できる。 よって最近は利き手で竿、そして非利き手でリールを巻くというのが増えてきていると思います。私も右利きですが、以前の右巻きリールは処分し徐々に左巻きに替えてきています。非効率的なことが効率的になって良かったと思っています。

3

多くの人は右利きです。右で投げて右で巻こうとすると、投げたあとに竿を持ち替えなければなりません。左ハンドルだと竿の持ち替えが不能なので、巻き終わると直ぐに投げ、すぐに巻く事が出来ます。単純に竿の持ち替えが無くなると言う僅かな事が、頻繁に投げる巻くを繰り返すルアーだと大きな違いとなってきます。 又、魚がかかった場合も利き腕の右手で竿を持つことで、左手で竿を持つよりもより細かくコントロールすることが可能です。 餌釣りの場合はルアーほど投げる頻度が高くないので、右投げ右巻きでもあまり気になりませんが、魚が掛かるとコントロールしやすいのはやはり、竿が右、ハンドルは左だと思います。手返しもはるかに良いです。 ただし女性の方など左手の握力が劣る方は左手で巻くのが大変な方は、右手ハンドルほうが良いと思います。 以前は右ハンドルで使っていましたが、ある時、同行者に借りたリールが左ハンドルでした。最初は凄く違和感があったのですが、なれると右ハンドルよりはるかに使いやすい事に気が付き、それ以来左ハンドルで使っています。

3人がナイス!しています

0

スピニングのことを指しているのならハンドルの向きはファイトに適した向きというのがある スピニングはファイト時にはとんでもない魚を釣るのでないならロッドを使う ロッドで魚をリフトして余った糸を回収する、ただそれだけなのでハンドルは左が普通 またスピニングはドラグがリール本体から独立しているので安定した作動が可能なのでなおさら 更にキャスティングは利き手が右だとしたら右で投げるのが普通で投げたら持ち替え無く巻くことが出来る ベイトはドラグがメインギアにくっついている為に基本的にフルドラグ近辺で使う だから切れない太いラインを用い、ロッドを保持したままリールをグリグリ巻いて魚を寄せて使う だから右ハンドルが普通 持ち替えはどちらの向きのハンドルでも普通は必要 持ち替え不要という人はキャスティングを捨ててますと宣言しているのと同じなので論外