今迄読んだ本でベスト3教えてください。

読書 | 小説186閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

4人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様教えてくれてありがとうございます。

お礼日時:5/15 15:22

その他の回答(8件)

0

「夜と霧」ヴィクトール・フランクル 「さぶ」山本周五郎 「リターンマッチ」後藤正治

0

ベスト3(暫定) 「失われた時を求めて」マルセル・プルースト 「戦争と平和」トルストイ 「源氏物語」紫式部 今読みかけの本(小説以外)のなかに、読了すれば入れ替わる可能性の高いものがあります。したがって暫定ベスト3。

1

ボロボロになるまで数え切れないくらい読んだ中から選ぶと、 「英文標準問題精講」 英語が得意科目になった。 「私たちはバカじゃない」 オールナイターズの本じゃ。 大学生の時、土曜の深夜はこれじゃった。 「下剋上受験」 子供の中学受験のとき、何度も読んで参考にした。

1人がナイス!しています

1

コナン・ドイル 「シャーロック・ホームズ」シリーズ 小学校の図書室で借りて、貪る様に読んだのが始まりです 森村誠一 「人間の証明」(角川文庫) 中学生になり、自分の小遣いで近所の本屋の棚(今考えると随分と狭かったなぁ~・・・)で選び購入しました 以降、かなりの間「信者」でした *このカヴァーのです! 清水義範 「蕎麦ときしめん」(新潮文庫) 社会人となり、たまたま書店でタイトルが気に入って読んだら、も~ それまでこ~いった種類にエンタメ系のは範囲じゃなかったので、新しいジャンルの開拓の1歩目となった作品です 個人的な「エポックメーキング」なの達を!

画像

1人がナイス!しています

0

ベスト3に入る本は100冊ぐらいあります。ベスト1でも同率首位で10冊はあります。そのベスト1の中から、とりあえず5冊挙げてみます。リンク先も参照してください。 ◆船山馨『石狩平野』 明治から昭和初期までの激動の時代を生き抜いた女性の波瀾万丈の生涯を描いた大河小説。彼女は苦難にみがかれ、周りを光で照らすような魅力的な女性に成長してゆきます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1179576161?fr=and_other ◆ニーチェ『ツァラトゥストラ』 高1のときに読み、理解できないところもたくさんあったのですが、まず空虚感に侵されました。と同時に、それを超えてゆく強い覚悟のようなものが感じとれて……。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10113118675?fr=and_other ◆松岡正剛『空海の夢』 空海の生涯をたどりつつ、当時の時代背景や仏教などの思想的背景と空海の思想を、現代思想と切り結びながら立体的に紹介した斬新な空海論。含蓄に富みます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13170026328?fr=and_other ◆高尾利数『聖書を読み直す』 古典の読み方を教えてくれた大切な本。聖書を〝聖なる権威の書〟として無批判に信じ込むのでもなく、かといって、聖書を敵対視したり敬遠したりするのでもなく、歴史的研究の諸成果を踏まえながら、古典の一つとして〝心楽しく、そして心低く読む〟こと。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13238061053?fr=and_other ◆大乗経典『華厳経』 この世的なものを超出し、かつ包摂した〈無限の世界観〉が描かれています。読みはじめると、茫洋たる大海の中を心地よく漂っているような感じがして眠気に誘われます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14235752469?fr=and_other