追い越し可能な道路で、追い越しを仕掛けたら先頭車両が右折をして接触したらどっちが悪いの?

その他の回答(7件)

0

交通事故の過失割合は、過去の判例に従い、事故の状況に応じて基本過失割合が決定し、個別の事情により修正要素が決定します。 今回は右折車と追越直進車との事故のケースで、 ①追越しが禁止される通常の交差点の場合、追越直進車90:右折車10 ②追越しが禁止されない交差点の場合、追越直進車50:右折車50 です。 修正要素としては、右折車のあらかじめ中央 によらない右折、追越直進車の著しい速度違反、双方の著しい過失、等です。 なお、ご質問の「追い越し可能な道路」と②の「追越しが禁止されない交差点」は同一でないことに留意する必要があります。 「追い越しが禁止されてる道路」であれば①です。 「追い越し可能な道路」であっても、「優先道路を通行している場合」を除き、原則交差点での追越しは禁止されてますので、①です。 「追い越し可能な道路」であって、かつ「優先道路を通行している場合」は②となります。

0

追い越しをしかけた側に決まってんじゃん。 何で交差点で追い越そうとしてんの? 何台いっぺんに追い越そうとしてんの?

1

>追い越し可能な道路で、追い越しを仕掛けたら先頭車両が右折をして接触したら それは「追い越し」ではなく「逆走」です。 右折車は、対向直進車や右折先の横断歩行者等に十分注意して危険がないように右折しなければなりませんが、さすがに逆走車にまで注意する義務はありません。 過失割合としては、0:100ですね。

1人がナイス!しています

1

どっちもどっちという感じじゃないかな? 右折する側は、対向車線とはいえ、後ろから追い越してくる車の事を考えて後方確認をしていれば接触などしないはず。 追越て来た方も、普通の状態ではないのだから、特に前方には注意を集中しておくべき。 ウインカーを認識したらすぐに減速すれば接触はしないかも。 直前でウインカーを上げてきたとしたら、クラクションで知らせるという方法もありますよね。

1人がナイス!しています

よく考えてみると、お互いにまっすぐ進んでいる場合、相対速度の差は、メーターの速度の差だけど、右折車が真横に向いて自分の目の前に現れたときは、相手の速度は(自分の進行方向では)ゼロになるので、恐ろしい勢いで車が近づいてくるという事になるはず。 怖いですねぇ~~