相続税に関する質問です。

生命保険51閲覧

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/5/13 5:56

1人がナイス!しています

この度は、ご丁寧でわかりやすい回答とアドバイスをいただきありがとうございました。疑問に感じていたところ含めがよく理解できました。 非常に助かりました。

その他の回答(5件)

1

元妻の両親が二人とも健在であれば、相続税の基礎控除は4200万円です。元妻の遺産が、質問者さんが受け取る保険金も合わせて4200万円以上あれば、相続税の申告納税が必要になります。 ご職業や年齢も分かりませんが、普通の暮らしをしてきた女性なら、4200万円以上ある可能性は少ないかもしれません。まずはそこを確認して下さい。 それから、質問者さんには元妻の家族から保険についての連絡が来たのでしょうか。元妻さんは離婚した際に保険金の受取人を変更することを失念したのか、何か思いがあってそのままになさっていたのか分かりませんが、後者であれば切ないですね。お気持ちがあれば、自分が受け取った後、ご家族にいくらか贈与するという方法もあります。余計なことを書きまして申し訳ないです。ご冥福をお祈りします。

1人がナイス!しています

この度は、ご丁寧でわかりやすい回答とアドバイスをいただきありがとうございました。疑問に感じていたところ含めがよく理解できました。また、気になっておりました点についても仰る通りで、先方のご家族への贈与も検討しております。 ありがとうございました。

1

相続税の計算は、総財産から計算しますから、あなたがもらう保険金だけでは計算できません。まずは、相続人が何人か?というところから始まります。 大した財産はない。とわかっているなら、おそらく非課税ですので、放置しても問題ないです。そもそも相続税とは、全体の1割程度が払う税金なので、ほとんどの人は払わなくてよいです。不動産とかもっている人は要注意ですが。 >そもそも保険の受取人と相続人は別なので、私は保険金を相続する権利はないのでしょうか? 遺贈という形で、相続人でない人にも相続(遺贈)することができます。ただし、相続人の特典である、保険金の控除が受けられません。

1人がナイス!しています

1

贈与税だというのは素人回答 わざわざ知らないのに回答しなくていいレベル 法律相談のカテマス? 物事を知らなくても法律相談のカテマスになれるんだなー 相続税の申請というのは、法定相続人(ご両親、ご兄弟あり、子供や配偶者なし)との全体で相続税を計算などする必要があるのでしょうか? →相続税を調べればすぐにわかると思うが、相続税というのは、その死んだ人の残した財産の総額で、それを受け取る人全員が支払う相続税額の合計額を最初に計算する その後に、受け取る個人個人の、財産総額に受け取った額の割合で、その税を負担する だから、死亡保険金だけで相続税の計算自体できない そもそも保険の受取人と相続人は別なので、私は保険金を相続する権利はないのでしょうか?(単なる”保険金を受取る役割”というだけ?) →死亡保険金は、税は相続税だが、受け取る権利は指定された受取人が受け取るのであって、相続の権利とは全く連動しない

1人がナイス!しています

1

死亡保険金は相続財産には含まれず受取人個人の財産となりますが、税金の計算上だけ相続税の対象となる場合があります。 ・契約者と被保険者が同じ場合➡相続税の対象 ・契約者と受取人が同じ場合➡所得税の対象 ・契約者、被保険者、受取人がすべて違う場合➡贈与税の対象 貴方の場合は相続税の対象となります。 保険金控除は500万円×法定相続人の人数。 1000万円以内なら相続税の対象から控除され、超えた金額は相続税の対象となります。 しかし、これは受取人が法定相続人であった場合です。 貴方の場合は死亡保険金全額が相続税の対象となります。

1人がナイス!しています

相続税は貴方が受け取ったものだけで計算するわけではないので、元妻のご両親に連絡して下さい。 相続税の対象は 遺産総額+亡くなる前3年以内の生前贈与+(死亡保険金-保険金控除)-相続税の基礎控除-負債-葬式代等 《相続時精算課税制度を利用している相続人がいる場合それも含む》 相続財産とは https://souzoku-pro.info/columns/isanbunkatsu/131/ 保険金控除は 500万円×法定相続人の人数 (これは使えない) 相続税の基礎控除は 3000万円+(600万円×法定相続人の人数) 土地の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/tochihyouka 建物の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/koteishisanzeihyoukagaku

1

もう離婚されているので、相続税ではないでしょう。保険会社が何か勘違いしていると思います。 この場合、贈与税がかかると思います。

1人がナイス!しています