民法94条2項の「第三者」と転得者 【大判昭6.10.24】について、AとB間では94条1項の通謀虚偽表示があり、BとC間では94条の2項、Cは善意であり、

画像

法律相談26閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!とても参考になりました!!

お礼日時:5/14 9:40

その他の回答(1件)

0

虚偽表示による譲受人からその目的物について抵当権の設定を受けた者(大判大4・12・17と同旨)・・・ ってか、その場合の説明をできる限り多くするのは、キミのやるべきことじゃん、知恵袋の回答者をちょっと安易に考えすぎてませんかねっ・・・