20年経過しても補修パーツがあるのはバイクと四輪くらいですかね。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

素晴らしい回答をありがとうございます。

お礼日時:5/14 5:30

その他の回答(3件)

0

部品の保有期間は法律で定められている それはその製品の使用期限を想定されたもの メーカーも旧製品を保有するにはコストが掛かるし 新製品を出さなければ売れなくなるという現実 バイクや四輪でも20年も経てば欠品はあるし 在庫があれば手に入る 今の日本では国が旧々製品といわれるような工業製品は 環境に悪いから排除しようという考えが見え隠れする それが本当に環境に悪いかどうかはともかく 経済の活性化という側面もあるのではないかと思っている

0

販売店レベルでは相当古い機種の部品を在庫している事も有るけどね、そんなのは流通させられない、探索手段も無いに等しいから答えは『ない』だわね。 勿論血眼になって探し出して交換、と言うのも出来なくはないかもしれないけどその分の余計なコストを負担してくれるかい?君なら。普通は部品代+適正な交換作業工賃しか払う気はないでしょう?納期も3ヶ月とか半年とか待てないでしょ?ソレが普通。 エコキュートけ?その辺の業界の慣習はよく知らないけどまあそれが当たり前の販売手法としてまかり通ってるみたいだね。建築建設およびその周辺機器業界は昔から胡散臭い。行政から補助金やら助成金やら出ると特にね。詐欺(的)業者も非常に多い気もするしね。 ちなみになんだけど、家電では今はどうかよく分からないけど10年くらい前に、その時点で15年経っているシェーバーの網刃が普通に買えたり、10年前のコーヒーメーカーのヒーター部が普通に買えたりした、取り寄せにちょっと時間は掛かったけど。ただし両方ヨーロッパのメーカーだけどね。そういう対応は国産メーカーでは有り得ないねえ、網刃みたいな消耗品はともかくヒーターなどの構成部品は小売りすらしてくれん。

国の姿勢からして使い捨てどころか使えるものでもさっさと買い換えろと推奨してますからねこの国では。世界を見ても、たった13年経過しただけで車の税額を上げてる国なんて他にないでしょう。 聞いた話だけど欧州では古い車は税額を下げてるっていいますからねえ。議員さんたち税金であちこち出あるいていったい何見て帰ってるんでしょうね。

0

20年経過しても補修パーツがあるのはバイクと四輪くらいですかね。 メーカー指定の車輛次第・・・では 補給部品を復刻し、国内、海外(北米、欧州など)向けに再販売 トヨタ、A70型とA80型「スープラ」復刻パーツのオーダー受付開始 https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1262607.html https://response.jp/article/2020/01/09/330491.html 「スカイライン GT-R」 (R32、R33、R34)のレストアビジネス「NISMO restored car」を開始 https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1293273.html https://www.nismo.co.jp/products/restored_car/