原神の会心に関する質問です。

ゲーム43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

0

1つ前の回答の方も仰ってましたが、短時間の戦闘をする際は、バランスを崩して会心ダメの数値を上げた方がいいです 乱数的に、会心が何回も発生させることができた場合、会心ダメを伸ばした方が火力出ますし、元々会心ダメで伸びる火力は相当のものです ただ、螺旋以外では安定感が減り、使い勝手が悪くなりますので、普段使いなら1:2が1番良いです

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、たくさんの回答をありがとうございました…! 丁寧な内容ばかりで非常に迷ったのですが、具体的な数字を用いて説明してくださったはじめ様の回答が一番分かりやすかったため、ベストアンサーとさせていただきます。 色々調べてもぐるぐる悩んでいたので、大変助かりました。 改めて、皆様ありがとうございました!!

お礼日時:5/15 23:57

その他の回答(4件)

0

もちろん会心率を考慮しないなら会心ダメージが高ければ高い方が最大値を引いた時のダメージは高い。 ただ平均値を求めた際に必要になってくるのが会心率という要素。会心率は会心ダメージの出やすさの値であり、そもそもこれが無いといくら最大値が高くても平均的なダメージレースでは負けてしまう。 例えば身近な例として6面サイコロがあるけど、その6面サイコロの出目の合計は21。もうひとつ、合計は同じだけど1面だけが16、それ以外の5面が全て1の6面サイコロがあったとしよう。 これらを10回振った出目の合計を競った場合どっちが勝つかという勝負をしたらどうなると思う? 確かに2回や3回16が出れば合計値は高くなるが、大抵の場合平均的な6面ダイスの方が合計値は高くなりやすい。実際にダイスアプリなんかで10d6を振ってみたら分かるよ。6を16に、それ以外を1に変換してね。 これはかなり極端な例だけど、要するに1:3とか1:4みたいなバランスがこの1面だけ16サイコロ、1:2のバランスが普通の6面サイコロと思ってもらえばいい。 いくら最大値が高くても、比率の合計が同じなら1:2のバランスに近い方が期待値は高いということ。楽に上げられるからではなく平均を考えたらこれが一番火力が出るんだよ。 これは戦闘が長引けば長引くほど、攻撃回数が多くなるほど、試行回数が多くなればなるほど顕著になる。 ただ原神の場合、そこまで1試合辺りの期待値が必須になるほど戦闘が長引くことは無いし、単発高火力系のキャラなら無理に1:2にしなくても会心率がある程度あり会心ダメージが高い方がダメージは出やすい。だから配信者なんかの界隈では見栄えも気にして1:3のバランスが多い。 しかし聖遺物周回などになると同じ戦闘を何度も繰り返すので、やはり1:2の比率にした方が平均的な攻略にかかる時間は短くなる。そういう意味でも期待値は重要視される。まああくまでデータ上の問題で人間の感覚で体感できるものでもないけど。 結論としては合計値が同じなら1:2の比率が最も期待値が高い。ただ合計値が低いならさすがに合計値が高い方が期待値は高くなる。合計値の低い1:2<合計値の高い1:3。

0

会心率は会心の発生率。 会心ダメージは、会心が発生した時の追加ダメージ。 5割の確率で通常の威力の160%相当の追加ダメージが発生するということ。 ただそれだけの単純な掛け算です。 会心率と会心ダメージのどちらを上げるかの選択肢があった場合、バランスを取った方がダメージが上がりやすいというもの。 わざわざ減らす必要はないです。

1

会心による強さは純粋に「会心率×会心ダメージ」の値が大きいほど期待値が上がります。 1対2の比率が強いわけではなく、1対2が最も楽に上げやすいだけです。

1人がナイス!しています

0

基本は「会心率×2 + 会心ダメ」 が会心の強さです。つまり、どっちも高いと高いほど強いです。 1対2はあくまでバランスの話です。「率×2 +ダメ」が同じ値なら1対2に近い方が与えるダメは総合的に高くなるよ、という話です 例えばあなたの場合、率50ダメ160とのことですが、これは会心の合計が260ということです。 260ならば、50:160より60:140のほうがダメージ出るよねって話です