飛行機・鉄道・船などの乗り物に手荷物検査が導入されている国では、X線の放射線の量によって、毎日通勤して被爆したら、発病するリスクは、

補足

また、放射線を使わずに被爆や人害に影響しない手荷物検査があれば、教えていただきたい。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

X線は有害ですから、X線の被曝量に応じて発癌リスクは高まりますし、日本人が癌が増え続けているのは、主に医療放射線や原発や再処理工場や原発事故の影響であると考えて間違いは無いと思いますが、X線がγ線より危険な理由は、 https://himajinnohimana.blog.fc2.com/blog-entry-87.html を見てください。

1

心配ありません。 通勤客のリスクが高まるようであれば 一日中手荷物検査装置の近くにいる係員が大丈夫ではなくなるでしょう そんな機械を民生用に売り出すとかは有り得ないですよね。

1人がナイス!しています

0

グアムへの往復の飛行機にガイガーカウンターを持って乗った事がありますが、上空は地上とは桁が違うどころではなく放射線が強いです。

手荷物は、申し出て、中身を見せてX線検査を逃れることが出来ました。高感度写真フイルムは、国によってX線検査で感光してしまいます。

0

手荷物検査程度では高まらない しかし飛行機に毎日乗ったら高まる 上空は大気が薄いため太陽からの放射線があまり遮られず、それを浴びてしまうため なのでパイロットは年間に乗れる回数が制限されている

放射線を使わずに被爆や人害に影響しない手荷物検査… 手荷物を開けて中身を直接目視で確認する