高校では、単振動の変位はx=Asinωt と習ったのですが、大学ではx(t)=Acos(ωt+θ0)と習いました。

画像

物理学 | 大学数学101閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとうございました。理解出来る様になりました。初めの方をBAしようと思います。

お礼日時:5/15 23:49

その他の回答(1件)

0

どちらもx-tグラフはサインカーブになりますから、同じです。 sinωt と cosωt は位相が π/2 ずれているだけですね? sinωt = cos(ωt - π/2) 振動がどこからどういう速度で始まるか、という「初期条件」によって位相が変わりますから、適宜 sin または cos を選べばよいのです。必要に応じて初期位相を入れます。