ID非公開

2021/5/15 22:24

55回答

隣家の方が土地を分割するにあたり、土地境界線の立ち会いを調査会社からお願いされているのですが、

土地107閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

補足です。 現地で「ここが境界ですね」と指差しされただけでは覚えていられないので、境界杭や錨が打たれます。 境界杭を打っても、工事や地震などで動いたり壊れたりするので、 万一の場合でも復元できるよう、 境界点を基準点からの距離で表示するのが公共座標(数学の座標と同じ理屈)です。 先方の言う境界立ち合いが“指差し確認”だけなら、時間の無駄だと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々とありがとうございます。 今回は大人な対応をしようと思います。 適格な内容だったため今回ベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:5/17 6:10

その他の回答(4件)

0

①、既存の境界や筆界標コン杭が存在しても法務局の特定筆界制度 か、土地家屋調査士事務所と司法書士事務所へ既存の道路や水路の 幅員と宅地周囲との地権者で土地筆界線や境界線確定図に立会いし、 書名と捺印がないと登記係図でも公正力のない任意の地積図となる。 ②、貴方様が立会い有利な資料で境界標を確定させて、その費用の 負担は、民法第223条や第224条で境界標の設置と負担は共同です。 隣家とで確定後にその写しを条件に境界紛争回避に協力すべきです。 その程度で貴方様が不利にならず逆で、無償で紛争回避となります。

ID非公開

質問者2021/5/16 13:47

ご返信ありがとうございます。 そもそも、自分の土地は購入時に法務局へ登記されていますし、境界杭もありますので、何も無ければ再調査する必要もないのですが、忙しい時間を割いて無償で立ち会いが必要なものなのでしょうか?

0

状況がよく分かりませんが、あなたが調査会社にお願いされたということは、メリット・デメリットがあるのかなあと思いますがどうなんでしょうか? 土地の問題はややこしいので何か問題が起こる前に小一時間割いた方が楽だと思います。 考え方の善し悪しは自分が決めるものだと思いますが、個人的には権利は努力して獲得するものだと考えているので、私が当事者ならやはり土地分割?に立ち会うと思います。

0

境界で揉めないよう確認するのは大事だと思います。 分割されるのなら、新しいおうちが建つのかもしれないしそういう情報ももらいたいので自分なら立ち会うかな・・・。 今後主さんの家がリフォームしたりご迷惑をかけることもあるかもしれませんし、お互いできることは協力しておいて損は無いかなと思います。