門倉さんの失踪理由。 謄本に差し押さえ登記が入ってるとのニュースを見ました。差し押さえ登記ってなんですか? 謄本ってなんですか?

プロ野球42,099閲覧

19人が共感しています

ベストアンサー

14

14人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:6/4 7:59

その他の回答(36件)

6

借金の担保(お金を払えなくなったらこれで返済します)に財産を差し押さえる事ですね。 ということは、大きな借金があり、家族にも伏せていた。 でも返せなくなり、家族に分からず差し押さえされた。 借金とは税金? 謄本とは登記簿謄本でしょう。

6人がナイス!しています

4

自分が生きた証。ただ門倉氏の"謄本差し押さえ"は、 "登記簿謄本"の事だと考える。 要するに氏が持つ不動産等が差し押さえらてれいる...という意味。 想像でしかないが、借金のカタと見て良いと思う。 因みに差し押さた相手が債権者だったら、ビンゴだろう。

4人がナイス!しています

2

「謄本」とは、「不動産登記簿謄本」の事です。 簡単に言うと、その人の所有する土地や建物の状態、権利関係(所有権)はどうなっているかを記載したものです。 土地の場合は面積や誰が所有しているのか、抵当権(担保)が付いている場合は、誰がどんな権利をもっているのかが書かれているものです。 建物の場合は不動産登記法で定められている種類(居宅、共同住宅、店舗、事務所など)や構造(木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造など)、床面積などの状態や、土地同様に所有に関わる権利関係が記録されたものです。 「差し押さえ登記」とは、元の所有者が「破産」したり「負債の返済が出来ない」場合に「債権者」が、その不動産(土地や建物)の「所有権」を宣告する(此れは俺の不動産だぞ、と公的に主張する)事です。 恐らく、その方は、ご自分の不動産を「担保」(将来生じるかもしれない不利益(借金が返せない等)に対して、それが発生しない事を相手に保証すること)にして、借金をしたのではないでしょうか?それで「借金返済」が出来なくなったので、お金を貸していた人が、その方の不動産を「借金の代わりに自分のものになったぞ」と公的に宣告したのでしょう。

2人がナイス!しています

6

差し押さえではなく、抵当権だったと思います。 謄本とういうのは登記簿謄本のことで、土地や建物には必ず存在する台帳のようなものです。所有者や面積などが記載されています。 今回の場合、銀行からの借り入れ(借金)に対して、返済できなかった場合に代わりに土地もしくは建物から返済する旨が謄本に書かれていたということで、これは珍しいことではなく、誰でも住宅ローンなどで借り入れをしている場合は必ず抵当権が登記されます。 登記簿謄本に抵当権が記載されているだけでは失踪の理由にはならないと思います。

6人がナイス!しています

2

登記とは不動産の所有者を法的に決めるものです。 つまり、どこそこの住所の土地や家が 誰のものかを法務局という役所に届け出ておいて、 別の誰かが勝手に所有権を主張することのないように するのが登記の仕組みです。 役所ではそれを謄本という書面で保管しています。 その登記が差し押さえ、ってことはおそらく 門倉さんは自分が持っていた土地や家など 不動産を担保にして金融機関から借金を していて、それが返済されないから金融機関が 物件を差し押さえに入ったということでしょう。 おそらく理由として考えられるのは、 住宅をローンで買っていて、その返済が滞っていた とか、借りた金で株とかFXとか仮想通貨とかの 投資をやっていて大損をしたとかいうことで、 担保に入れていた不動産の価値よりもさらに 大きな大損となれば、さらに借金が残りますので、 借金取りが家に取り立てにやってくるのから 逃げるためにそれで雲隠れしたということも 考えられます。 投資をやっている人間には珍しくありませんよ。 最近では仮想通貨で大損して、 電車に飛び込んだとかありますから。

2人がナイス!しています