「勇気」について書かれた古典的名著を探しております。

読書 | 文学、古典36閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答頂きありがとうございました。老人と海は既に読んでいますが、その他読んでみようと思う本を教えていただき感謝いたします。 ディケンズの本に一番惹かれるものを感じたため、媛ダルマ様のご回答をベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:6/13 22:45

その他の回答(2件)

0

①アルベール・カミュ著『ペスト』 質問者さんは勇気というものを、熱く情熱的にお考えのようです。むろん正しいと思います。しかし現代の様に価値観が多様化されますと、熱い根性論より冷静な合理論が求められていると思います。 その質問者さんには、カミュの『ペスト』はいかがでしょう。不条理に対して、熱いだけでなく冷ややかな対応こそ、現代的な勇気かもしれません。 ②ユゴー『レ・ミゼラブル』 あまりにもあたりまえ過ぎるかもしれませんが、社会で生きる勇気を考えさせてもらいました。 ③池田晶子著『14歳からの哲学』 もはやお読みかもしれませんが、勇気にしろ、その結果にしろ、我々の人生で考えるべきことを、懇切丁寧に教えてくれました。 まず勇気とは何かを考えて良いかもしれません。 ④ヘミングウェイ『老人と海』 最後に挙げてしまいましたが、短時間で感動するならば『老人と海』を最初にお読みになれば良いかもしれません。 上記①~③は読了に長時間が必要ですので、勇気のベースとしては『老人と海』をスタートしても良いかと思います。