回答受付が終了しました

耳コピが作曲の助けになると聞いたのに・・・ かれこれ3ヶ月ほど毎日耳コピを最低1時間はやっています。

作詞、作曲117閲覧

回答(12件)

2

何を間違えてるのかと言えば、やることのステップの間違いと、目的を理解してないことです。 耳コピは、どんな音が鳴っているかを記録しただけでは無意味なんです。 その音を体に入れて、材料を蓄積して感覚をアップすることが大事なんです。 つまり、譜面にしたあとで、それを演奏しなきゃいけないんです。 midiキーボードで音質は適当でいいから、鳴らして体に入れないといけないんです。 そして、もとの演奏に合わせて、出来ればカラオケデータで、そのパートをオフにして、バックバンドになってつもりで、鳴らすんです。 そうしないと、他の演奏とか主旋律との呼吸が体に染み込みません。 だから、最初のうちは、バンドスコアとかmidiデータ、カラオケのmidiファイルを利用するほうがはるかに効率よいです。 そこまでしなくても、口真似するだけでも感覚は体に入ります。 普段から、バックにも注意して聴いてる人なら、ドラムとかベースの基本パターンは入ってます。 ステップとは、以下のような感じです。 前提として、白い鍵盤を鳴らして採譜が簡単に出来て、コードはハ長調なら鳴らしまくれるようになることがあります。 1.主旋律と、ピアノまたはギターの楽器一個でカッコよくできること。 これが出来なければ、耳コピなんて無駄もいいところです。 2.次にバンド編成の編曲です。この段階では、最初は上に書いたようにすでにデータになってるもので練習すべきです。 無理に自分でやる必要ないんですよ。自動伴奏ソフトにやらせて手直ししたっていいんです。 ガチの耳コピは、データの無いものを演奏するときぐらいのものです。 やってもよいですが、一曲終わったら、次の曲ではダメなんですよ。 一曲の各パートをバンドのメンバーになったつもりで、midiキーボードでやったり口ずさんで、演奏してください。 3.商売物にするための音源を作る。 この段階になると、ガチの耳コピ練習は必要です。 音符にするだけじゃなくて、音の定位、処理、まで考えます。 私はめんどくさいのでやりませんが。 そもそも、編曲だのミキシングだのは、プロだって専門家に頼むことが普通なのです。作曲を始めた人が数か月では全然できないのは当たり前です。 スケート初めて3か月の人が「真央ちゃんみたいに飛べない」って言ってるのと一緒です。 演奏経験が豊富でなければ、二三年は、練習でいいんですよ。 ぶっちゃけ、一生ろくなもんできないのが普通なのですから。 自分で気に入ったものが何曲か出来れば上等です。 できることを頑張る、、、これが第一ですよ。 とりあえず、何曲かやった主様は、根性は間違いなくあります。 それさえあれば、才能はあると言えます。 主様の要求レベルが高いだけで、じつは十分以上に上手いかもしれませんしね。あとから音出されて、恥かしくなることすらありますから。 楽な方法もあるんじゃないかと、参考になればと思います。

2人がナイス!しています

2

別に耳コピ自体は悪くないんじゃない。 ただ、コピーの目的を明確にしないと不毛な努力になる。 演奏技術の向上のためなら完コピを目指すのも悪くない。 しかし、作曲能力の向上を目的とするなら雰囲気コピで十分。 つまりメロとコードの関係を把握することを目的として、 それだけ理解できれば十分。オブリガードとコードの関係なども 押さえられれば言うことなし。 あとは、そうしたことを繰り返して、自分の中にストックを 増やしつつ、最終的には自然成長を待つしかないのだよ。 そりゃ、3ヶ月程度では大したものは出来ません。 出来たら天才。10年ぐらい頑張れば凄いものを作れるでしょう。

2人がナイス!しています

0

ガチでの耳コピはせずに、手法だけを盗むのですよ。 たとえばこれを聴くとする。 ♪Time Control, or Controlled by Time / Hiromi's Sonicbloom https://m.youtube.com/watch?v=DtVrXTdEbF0&t=6m45s この味噌は、コードが変わる度に転調すること、そしてその度にソロのスケールが変化する、そしてそのスケールがコードから浮遊していることです。 以上の手法でもってやるとこうなる。 ♪即興練習モーダルサービスエリア④ https://m.youtube.com/watch?v=1y2V3CgiadQ 要点は、頻繁に転調するコード進行から様々なスケールが生じ、メロディ(旋律)を導き出すことが出来る。つまりモーダルなサービスエリアが生じる。

2

逆のような気がします。 作曲(音楽理論)は、耳コピの助けになるけど、耳コピが作曲の助けになるとは思えないです。

2人がナイス!しています

0

>何を間違えているのでしょうか 誰に聞いたのか知りませんが、根本的に大間違いかと。 耳コピなんていうのは「それができる人のお遊び」です。それ自体何の目的にもなりませんし、そもそも「コピー」なんて「作曲」と正反対の作業です。 耳コピができているということは、コード進行を組み立てメロディーと合わせて演奏ができるということです。耳コピは自分の持っている技術の引き出しから出して組み合わせるだけの作業です。今できる事をいくらやったって何の練習にもなりゃしませんよ。 仮に役に立つとしたって、たかだか3ヵ月で劇的に作曲ができるようになんて、何の練習したって無理でしょう。。多少でも向上したんなら良かったんじゃないですか? 繰り返しになりますが、それ「誰に」聞きました?ちゃんと「自身も人に教えられる程度に作曲を修めた人」の話ですか?