DC0-10Vの入力信号を入力インピーダンスが20KΩのアンプ(コントローラ)に入力する場合

画像

工学 | オーディオ21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

その通りになります。 電圧出力で使う時(使う機器)は内部インピーダンスは大きく なっています。 この機器には電圧と電流を出力させられる上限があります。 例えば、内部インピーダンスが100Ωとかで10V出力される と、 I=10/100=100mA 流れて(流そうと)しまい、出力上限 を超えてエラーか出力は出ないはずです。 逆に、電流出力で使う場合の相手機器は、内部インピーダ ンスが低くないと電圧が上がり、上限を超えてしまいます。 通常の機器は250Ωが多く、出力する方は750(500)Ω以下 までが多いようです。 0~10V の場合、内部インピーダンスが500Ωまでは使え ます。 I=10/500=20mA で、0~20mA出力とも言えます。 と言う事で、使えない機器は無いはずです。

0

簡単に言うと電圧がDC0~10V可変、電流が4~20ma可変出来る物ですが(説明の通りですね)説明にある事は出来ます。でもアンプの試験などには出来そうも有りません。DC帯域迄増幅するアンプなら出来ますが。 20KΩの抵抗に10Vを加えたら0.5ma流れるかの確認は出来るでしょう。 ディスプレイで読み取れるはずですが・・・。