回答受付が終了しました

化学変化で、発熱反応と比べ吸熱反応は身近な例が非常に少ない気がするのですが、何故でしょうか?

化学325閲覧

回答(1件)

1

エネルギーが高いところから低いところに変化して、安定化(より低いエネルギーでい続けようと)するからです。 熱というのは、エネルギーです。 吸熱というのは、周囲からエネルギーを吸収するということです。 エネルギーを吸収すると、吸収した本体はエネルギーが貯められ、よりエネルギーの高い状態になります。 これは、エントロピー増大の法則に逆らいます。 従いまして、身近には吸熱反応がわずかになります。

1人がナイス!しています