回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/6 8:32

55回答

ハイキングしていたら野犬の群れ7から8頭位に遭遇してしまい恐怖を味わいましたが何故か野犬の群れにキツネが2匹混ざって一緒に行動してました

動物 | イヌ220閲覧

回答(5件)

0

親を失った子ギツネが野良犬に育てられたってことなのでは?お話から、すっかり野良犬の群れに馴染んでいたようですし。

0

野犬の狩ったエモノのおこぼれ狙って、ついて回ってるのかも。 野犬は鹿やイノシシとか、大型哺乳類も仕留めるのが確認されてるっすもん。

0

質問の前提自体がにわかには信じられません。100歩譲って「キツネっぽい犬」を見間違えたのではありませんか? そもそも、どんな恐怖を味わい、どのように恐怖を切り抜けたのですか?

ID非公開

質問者2021/6/6 11:34

キツネが好きなので見間違えることは有りませんね。 群れがこっちに向かって来たので当然猛ダッシュで逃げましたね。途中まで追い掛けて来ましたがある程度まで行くとそれ以上は深追いして来なかったです。

0

キツネ…イヌ科イヌ亜科の一部。 猫と違い、群れを成して生きる動物です。キツネの子が親とははぐれて、野犬が群れに引き入れたのかも知れませんね。

ID非公開

質問者2021/6/6 11:36

狼に育てられた人間の子供のストーリーもありますからあながち有りそうですよね。

0

それは、ふだんあまり無い事です。しかし実際に見た、ということであれば、飢えからくる共同体が現実としてあったのではないかと思います。 実際はでは、その群れで何が出来るかと言えば、皆で協力してイノシシとか、シカを倒すのか…?といえばキツネはネズミ、とかドバト…等々を捕れば十分なわけです。

ID非公開

質問者2021/6/6 11:40

キツネも野犬と行動すればご馳走に有り付けるのを知ったのかもしれませんね。単独で小動物狩るより野犬との狩りに参加すれば大量の美味いものがガッツリくえるわけですからね。人間の決めつけや常識なんか彼らの前には通用しないのを目撃しました。