よく単純に「追い付かれたら譲るべきだ」と言ってる人がいますが、そう言う人に質問です。 本当に「追い付かれたら」譲ってますか?

補足

「追い付かれる」の意味がわかった上で回答されてるのか、ちょっと疑問なんですが。 (車間距離の保持) 第二十六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。 後ろから来た車が、この「必要な距離」にまで接近したら、それが「追い付かれた」ということです。教習所で習う、40キロなら22m、50キロなら32m、60キロなら44mというあれです。 自車が制限速度未満ではない場合に、そこまで追い付いてきてそのままの車間距離で走ろうとする車に、わざわざ譲る車なんかありますかね?私はそこまで車間距離取りませんが(時間にして2秒ぐらい)、それでも譲る車なんか今までに1台もなかったですよ? くれぐれも「煽られたら」「煽られそうな気配があれば」ではありませんからね。もし「空気読める」のなら、「全然追い越す気などない」と分かる場合でも、やっぱり「追い付かれたら」譲るんでしょうか? その点よく考えて回答お願いします。

交通、運転マナー244閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ようやく話が一致した記念に。

お礼日時:6/9 14:01

その他の回答(9件)

0

自分も「譲るべきだ!」と言う人です。 でも自分の場合は誰にでも言うわけではありません。知恵袋内で“煽り運転”、“車間距離”で検索するとよく見かける『制限速度で走っていたら車間距離を詰められた!ドラレコの映像を警察に提出しようと思う。』とか『車間距離を詰められて腹が立ったから更に速度を落としてやった!』とか『車間距離は速度メートルだ』と突飛な発言してる人に向けてだけ「譲るべきだ」と発言してますね。 で、自分が追い付かれたらどうするかですが状況にもよります。何台もダラダラと連なって走ってる最中に後ろの車に追い付かれたといっても自分も前の車に追い付いてますから譲ったところで…って話しですし、前に車が居ないときにスムーズに走っていたら極端に遠くから追い付いてくる勢いの車に遭遇すること自体がレアなケースです。 希にそういう車に遭遇したことはありますが安全に譲れる場所があれば譲ります。譲れる場所が無い場合にはできる限りのペースアップをして様子見して、それでも詰めらる場合は譲る場所が見つかり次第譲りますね。

それは「煽られたら譲れ」という話ですね。 そこは質問には入ってません。 「追い付かれたら譲れ」と言う人がいるので、不思議な話だなあと思ったのが質問の理由ですので。

0

高速道路のように、追い越し車線がある道路、 と仮定します。 私は、高速等では「+10[km/h]まで」で走行することが多いですが、 基本的には、追い越しが完了したら走行車線に戻ります。 その際に、 「車間が詰まっているかどうか」 は関係ないです。 で、逆に、 走行車線に、安全に戻る車間距離が無い場合は、 仮に追いつかれても、そのままの速度を維持して、車間が開いている個所で戻ります。 ちなみに、 後ろの車間距離を詰められても「無視して=腹も立てずに」走れます。

0

これ、同じように思う。 自分は速い車と遅い車の双方(乗用車)を運転します。やはり、速い車の時は譲ってほしいのが本音です。 なんで、遅い車の時は、明らかにペースが異なる車が追いついた場合は直線で譲ります。それは乗用車問わず、バイクでも同様に。 でもね… 譲ってくれる人ってなかなかいないですね。制限速度が絶対に正しいなんて思ってる人をは、譲るなんて概念は全くないように思います。後続車を見ない、全く気にしない人よりも質が悪いように思います。 お互いのペース、時間厳守世界一の国で、仕事が遅いとか、遅延を許さない人ならば、自分の時は譲ることも考えてほしいですね。

明らかにペースが違うなどという条件はつけてないんですけどね。 逆ですよ。 何のプレッシャーもかけずに追い付く場合だっていくらでもあります。 「追い付かれたら譲る」というのは、そういう場合を含むはずですが、あなたは譲りますかと聞いてるんです。

0

道路状況によっては、譲ることが不可能な状況もあるでしょう。そういう状況でない限りは譲ってますよ。それをしない車が結果論として「煽られた」と言うわけです。 例えば、交通量が少なくてスムーズに流れている道路で、はるか後方から車が接近してくるな、というのがミラー越しに確認できた場合、「自分より後ろの車のほうが速度が速いな」ということを察知し、早めに避ける体勢に入ります。そうすれば、安全に譲ることができます。「煽られた」なんて言う人はミラーさえ見てないと考えられますね。 現実として「安全のために必要な車間距離」を空けて走行してること自体が、現実的でない状況ですよね?「追い付かれたら」というのが「教習所で習う安全車間距離がキープできなくなったら」ではなくて「もっと接近した、感覚的に接触の危険性を感じるぐらい接近したら譲る」という感覚で運転してる人がほとんどだと思います。現に、60キロで20mも空いてないことなんて普通ですからね。

要するに、何らかの危険を感じたり、危険を予測して譲るわけですね。 しかし私は追い付いても譲られたことはほとんどない。 それは、私が追い付いても、危険を感じさせたり、予測させたりすることがないからだと思いますが、あなたはそれでも譲るということですか?

0

夜の一本道で視界が悪い時に後ろに付かれると譲ります。 確認も出来てない状態で後ろから急かされた気分で運転するのは危険です から。 道を譲らないタイプはわき道から寸前飛び出して前を行く そしてノロノロ40k/h~60kと一定しないが遅い 不真面目な感じの運転、もうすぐ右左折しそうな様子に見える 停止するのかとか何考えてるのか分からない運転は 譲らないタイプです。 譲るタイプは遅くて速度が一定している後ろに数台ついているクルマは 譲ってる、こういう車は悪意が感じない自然です。