ID非公開

2021/6/7 15:52

55回答

月次支援金は、建設業の1人親方(個人事業主)も対象になるのでしょうか?

税金 | 企業と経営1,267閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、どうもありがとうございました。

お礼日時:6/12 18:32

その他の回答(4件)

0

もちろん対象です。 経産省に確認済 ややこしく考える必要なし!

0

建設業の1人親方の場合、2019年〜2021年の対象になる月まで 飲食店や個人宅などに反復継続の取引があれば大丈夫ですが、 その辺は如何ですか? 建設業の1人親方は下請けになるかと思いますが、 取引先は大丈夫ですか? 審査は不正があったため厳しくなっていますので 注意してください。

1

対象にならないことはありませんが、可能性としては低いと思います。 緊急事態措置やまん延防止措置が実施された都道府県において、時短要請を受けた飲食店と反復継続した取引がありましたか? もしくは、緊急事態措置やまん延防止措置が実施された都道府県の個人の外出や移動の自粛による影響を受けましたか? 例えば、店舗の内装工事や設備工事などを行っており、対象地域の時短要請を受けた飲食店の工事を反復継続して請け負っていれば、対象になる可能性は十分あると思います。 飲食店から直接仕事を受けず、間に入った内装業者や建設業者からの発注でも構いません。 外出、移動の自粛はなかなか思いつかないのですが、例えば、対象地域にある店舗を構えたリフォーム会社から仕事を受けており、外出自粛の影響でリフォーム会社への来客が減少、仕事も減り、質問者さんへの発注も減ったということなら対象になるかもしれません。(緊急事態措置等の影響を受けた事業者へのサービスの提供) 去年の持続化給付金とは異なり、誰でも対象になるわけではなく、対象地域の時短要請を受けた飲食店と反復継続した取引があるか、対象地域の個人の外出、移動の影響を受けている必要があります。 対象になる可能性があるようでしたら、詳しく補足をしてください。

1人がナイス!しています