回答受付が終了しました

NHK教育テレビで放送されている 「地球ドラマチック」で イースター島のモアイ像の 特集が放送されましたが、

1人が共感しています

回答(1件)

1

地球ドラマチックは、海外のドキュメンタリー番組を日本語に翻訳して放送しています。 今回のモアイに関する番組は、フランスのラジオモンテカルロとドキュメンタリー制作会社Kwanzaによって作られました。 KwanzaはNHKだけでなく、NATIONAL GIOGRAPHIC、NETFLIX、PBS、DiscoveryCHANNEL、CCTV、BBSなど世界の20社以上にドキュメンタリー番組を提供しているようです。 タダノが修復した事は我々日本人なら興味がありますが、他国の人達がどれだけ興味を持つでしょうか。 番組の映像を何分で作るかは決まっているので、現代の特定の企業に関する事よりも古代の技術でどういう風にモアイが作られたかの検証を優先したのでしょう。Kwanzaのフランス人制作スタッフもタダノに興味が無かったのかもしれません。 さらに、タダノが修復したシーンを入れるなら、それを取材していた他社から映像を買う必要があり、版権の契約など手間が増える事にもなります。 フランスのKwanzaにしてみれば、日本だけに売れるよりも世界中に売れる事の方が重要です。

1人がナイス!しています