マクロ撮影時の被写界深度についての質問です。

フィルムカメラ63閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 いいサイトを教えていただきました。いろいろ便利に使えそうです。 ただやはりマクロの、それも等倍となると誤差が大きいようですね。普段よく使う66判/55mmレンズ/撮影距離110mm(等倍撮影)/f22で計算してみると、ピントの合う範囲が前後合わせて11mmあると出ますが、今まで撮った印象からはとてもそんなに広い範囲には合わないように思います。 ただ質問で例に挙げた50mmレンズ/撮影距離100mmの場合と100mmレンズ/撮影距離200mmの場合とを比べてみると、f値がいくつでもぴったり同じ数字になるので、やはり「同じ等倍撮影なら焦点距離の違うレンズに換えても被写界深度は変わらない」というのが正しいようです。長年の疑問がおかげさまでだいぶすっきりしました。

その他の回答(1件)

0

結局、何を撮影する為に何がしたいのでしょうか。

長々と書いて分かりにくかったようですみません。 最初に書いたように、「マクロ撮影でなるべく被写界深度を深くしたい」というのが希望です。 それに関して、「同じ撮影倍率でもレンズの焦点距離が違うと被写界深度も変わるのだろうか」という疑問を持ったので質問いたしました。 詳しい人にとっては「そんなもの結像の公式から簡単に計算できるだろう」という話なのでしょうが、なにぶん数学に弱いもので、自分流にあれこれ考えてみましたがまるっきり見当違いかもしれず、詳しい方のご批判を得たいと思った次第です。 なお撮る対象は主に小さな野草の花などで、ステレオ写真です(一台のカメラで、微動装置で15mmほど横に移動させて二枚撮る)。立体視の効果のためにはなるべく広い範囲にピントを合わせたいので。