極真空手 四十代後半のオヤジです。

格闘技、武術全般144閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

昨日の稽古でテーピングしてみたら良い感じでした。確かに握り方が甘いと思います。特に利き腕の反対なので… 他の皆様もありがとうございました^_^

お礼日時:6/13 22:06

その他の回答(4件)

0

確かに握り方や突き方もありますが、慣れないうちは拳サポやパンチンググローブをして下さい。 私も貴方よりオジサンですが、会社でパソコンなどを使うため指の怪我には注意していて、スパーリング時には脛当て、膝当て、パンチンググローブは常に付けています。 幾ら気を付けていても、相手と交錯したときに指に掛かる衝撃は相当なものです。拳の鍛錬は別に拳たて、ハンドグリップ、サンドバック、砂袋などで行い。スパーリング時は防具をしっかりすることをお勧めします。

0

痛めてしまったら 箇所によっては一生モンです 痛みと上手く付き合いながら続けていく事になります ケガの予防としては殴る時やスパーリングする時は気を抜かないことです しっかり握る事を意識して下さい

0

拳を握り込んでいたら、突き指なんてしないはずですが・・・ もしかして開いてる状態から握り込むときに、間に合わずに突き指するということでしょうか だとしたら、構えるときに、人差し指の爪に親指が触れてる状態にしておくと良いと思いますよ そうすると平手と拳のちょうど中間の形になるので、突くときも払うときも素早く切り替えができますし、握り込みが間に合わないということもなくなります それにうっかり手に打撃をもらっても突き指しずらいです