平面図形の問題について。

補足

確かに円の内部にある1点はどこにあっても直径上の点となり得ますね。意識出来ていませんでした。では、中心O3と2つの小さな円の接点が同一直径上にある理由を言語化するとどうなるでしょうか?3つの円が互いに内接していて、そのうち2つの同半径の円があるから自ずとO3からO1O2までの距離は等しくなり、O3と中心Oの延長上から伸びたに過ぎないということでしょうか?

数学 | 高校数学11閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/14 23:31

その他の回答(1件)

0

> 円Cの直径上に半径2aの円の中心が来る おかしな表現ですね。 円の内部の点は、どこでも、そこを通る直径の上にあるでしょ? 「内接する2つの円の接点を含む直径上」ではないんですか?