回答受付が終了しました

プロゲーマーになりたいけど親が反対してきます。

将来の夢 | ゲーム152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(14件)

0

まぁプロゲーマーになると言う息子より、任天堂とかカプコンへの就職を目指す息子の方がまだいいだろうな。 一旦、そういうゲーム企業への就職を目標として掲げながらプロゲーマーを目指すってのはどうだろうか?

0

過去の大会でそこそこの成績~ この時点でダメでしょ? そこそこの成績を納めてる人はこの時点でそれなりに居る訳で、でもブロなれるのはトップだけ(それも圧倒的な力があって) なれる見込みがあるならその手のトコロからとっくに声は掛かる そして貴方程度の人は毎年毎年新人で出てくる 反射神経や目の良さといった鍛えられない部分がモノいう世界のソコソコではどーしよーもない

0

目指せばいいじゃないですか! でも、プロゲーマーは安定はしないので勉強はできないと話になりませんが とりあえず大人になってから就職して、プロゲーマーにを目指したらどうですか? このほうが安定するし、家族も反対しないと思います。 でも、結局は自分の人生です! 好きなようにその時その時を生きていったらいいと思います。 それに昔からの夢ならかなえてもいいと思います。 自分はあなたの夢を応援しています! これからも夢を追いつつずけてください!

0

子供の学校にプロゲーマーではないけど、ゲームで賞金を稼いでいる子がいます。学校の成績も中の上、他にもSNS関連(身バレ防止のため伏せます)で収入があるみたいです。ちなみに貴方より年下です。 羨ましい才能ですよね。それはさておき とりあえず、進学して学校へ行きながらこっそりプロゲーマーを目指したらいいんじゃないですか? プロゲーマーになるのを諦めたといえばとりあえず返してくれそうじゃないですか。 嘘も方便です。

2

日本はプロゲーマーの歴史が非常に浅いので周知もされていませんが、世界的に見れば17~18歳頃にはプロゲーマーになっていないと遅いくらいです。早い人だと15歳頃にはなっています。ちなみに最年少は当時8歳、最年長は当時81歳ですが、この人たちは異例です…。 ほとんどの人は、28歳前後で反射神経の衰えから引退する人が多いので、野球以外のプロスポーツ選手と同じくらい短命な職業です。 あと、学生ゲーマーだとコケた時や引退後のために勉強は欠かしていないという人がほとんどです。 今はコロナの影響で現地開催も自粛していますが、いずれは再開すると思います。プロゲーマーとなれば海外だろうが自費で参加しなければいけません。「ヨーロッパ開催だと宿泊費と交通費だけで約300万円かかり、予選敗退でもしようものならその金額がそのまま負債になるけど、スポンサー契約もあるので参加せざるを得ない。」と以前プロゲーマーが話していました。 夢を目指すのは良い事ですが、現実はいばらの道です。まずは身近な中間テストなどで学年1位になって親を見返すところからじゃないですかね。誰にも絶対に負けないという強い意志を育てないと生き残れない世界ですよ。

2人がナイス!しています