新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

主人が、この秋から中国上海か深せんに赴任の内示がありました。赴任期間は最低3年で、とりあえず3か月の短期就労ビザで行くようです。

ビザ | 海外生活174閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。 また他の皆さまも、貴重なご意見ありがとうございました。 とりあえず現状は、帯同は難しいですね。 来年のオリンピックに期待します!

お礼日時:6/21 10:48

その他の回答(5件)

0

私はタイでZビザを取って中国に入国しました。 私の省はZビザのPUレターも受付けておらず、当然家族帯同PUも発行していません。私はワクチン証明書でビザを取りました。家族は10歳以下3人と妻がタイにいますがそろそろ低年齢のワクチンが認可されそうなので期待しています。PUは正直いつになるか分かりません。

補足ですが、ワクチン接種した家族はビザが申請できる。は間違っています。ワクチンを接種した人のみが申請できます。 私と妻はワクチン証明もっていましたが、ビザセンターで子供は現時点で摂取できないから申請しない方がいい。としっかり断られたので妻と子供は渡航できません。

2

現在 1、帯同できる「ビザ」は発給してません。 2、入国に必要な「招聘状」は家族には発行してません。 来年3月? 2月の北京五輪が鍵になります。 今は「Mビザ」「Zビザ」を持っていても入国は出来ません。 別途、中国政府関連企業の「招聘状」が必要です。 北京五輪で、この招聘状が廃止されたら、帯同できるようになると思います。

2人がナイス!しています

1

今のところ家族の帯同ビザは発給されません。 https://mp.weixin.qq.com/s/g0GHJd-Y436RWqRNs4JLxA ただ「中国ワクチン」を接種済みの帯同家族には、ビザ発給するとの緩和措置が発表されています。 日本は中国ワクチンを認可していませんが、世界的にワクチンパスポートによる緩和措置が普遍化すれば、例えばWHO承認ワクチン接種者には・・・などの措置がとられるのではと考えています。 というか期待しています。 私は上海駐在で、もう1年以上帰国できていません。 上記措置を切に願っております。 日本のコロナ対策がグダグダなので、やきもきしています。

1人がナイス!しています

2

現時点では、その実際に中国に就労赴任される本人の就労ビザでさえ、なかなか下りない状況下では、質問者様の回答には、おっしゃっているとおり「無理です」の即答になってしまいますよね。 しかし、実際の話が、小学生の子供さんが卒業のタイミングで、家族ビザでの同行を考えていらっしゃるのであれば、 現時点での心構えは、 ①じゃ子供さんの中学校は、上海や深センの日本人学校を考えてらっしゃるのか?そうであれば、その現地日本人学校のホームページから、年明けにでも、学校に聞いてみたらいいです。他の駐在員のご家族の御子息は、渡航や入学情況はどうでしょうか?と。 ②秋にご主人が無事に就業ビザが下りて中国に赴任されたとき、逆に旦那さから子供さんの学校に情況を聞いてもらったり、上海なら上海日本総領事館、深センなら広州日本総領事館に連絡してもらい、現状を確かめてもらう・・・ ③旦那さんが先に中国に渡られるはずですから、現地の駐在される会社の中国人総務担当の方に、中国の入国管理部門に、「弊社の駐在員社員の奥さんと子供さんを日本から呼びたいのですが、可能ですか?どうすれば可能ですか?と確認してもらう。 以上、いずれにせよ、奥さん(質問者さん)や子供さんのビザ発給には、旦那さんが勤める中国の会社の招聘状などが必要で、旦那さんはその手続きを、中国人スタッフにしてもらうことになりますから。 今の時点でご質問者さんにできることは、上記のことをご理解されることですね。今、知恵袋で「ビザ大丈夫ですか?いけますか?」なんて質問しても、 質問者さんの御主人すら、いけるかどうかわかりませんよ? という回答になってしまいます。 以上、中国広東省深センからの回答です。

2人がナイス!しています

4

まず会社にご相談なさってはいかがでしょうか。 ご主人のZビザは、ご主人当人ではなく会社側で手配します。 書類などを用意し指示するのは日本にある現在の勤務先でしょうが 実際に役所に赴き、中国の外事課で手続きをするのは現地の会社です。 家族ビザの取得が可能かどうかは、 ビザを発行する中国政府、外事課が一番よく知っています。 これまでも中国へ赴任者を送り出している会社なら 家族ビザの申請についてもご存知だろうと思います。 まずご主人から会社側に あちらで許可が下り次第、家族も渡航したいという希望を 伝えるのが一番良いと思います。 日本から現地の会社へ連絡し、 現地の人事課の方から政府へ問い合わせるのが確実です。 疫情下にある現在に関わらず 中国のビザ取得条件など頻繁に変わります。 先月まではOKだったものが今月はダメということも頻繁です。 知識を持つ人間を介して 中国政府に問い合わせるのが最も堅実な方法です。 ただ、お子さんが卒業次第ということは 中学校三年間をあちらで過ごすことになります。 日本人学校やインターナショナルスクールへ通学されるにしても 高校進学への影響は考えておかれた方が良いと思います。

4人がナイス!しています