その他の回答(6件)

0

指定席特急券が必要な区間、列車の場合は「車掌に申し出て差額精算」になります。 なお、「はやぶさ」の仙台・盛岡間各駅停車の列車(はやぶさ100番台号)は自由席特急券での空席利用、「はやぶさ」の盛岡・新函館北斗間、「こまち」の盛岡・秋田間は「特定特急券」で自由席特急券相当の値段での乗車が可能ですので、この場合は差額徴収はありません。 なお、JR東日本自身も間違いをよく書いていますが、「指定席券」というのは、普通列車と急行列車の普通車指定席に乗車する場合に必要なきっぷで、新幹線を含む特急列車には「指定席券」が必要となることはありません。

0

車内で、車掌から 指定席特急券を 購入してください。 ●立ち席を前提としている (空席があれば座れる) 「特定特急券」が 盛岡駅-秋田駅間 盛岡駅-新函館北斗駅間 で 発売されています。 (指定席特急券より少し安い)

0

はやぶさ号やこまち号は、全車指定席です。 そもそも、普通入場券以外では、新幹線特急券がないと新幹線ホームに入場できません。 普通入場券、新幹線自由席特急券又は新幹線特定特急券で入場した後、空席があれば、車掌から、はやぶさ号・こまち号との指定席特急料金との差額が徴収されて着席できます。 満席なら、車掌から、はやぶさ号・こまち号の指定席特急料金との差額が徴収された上、普通車のデッキにおいて東京駅~盛岡駅は立席になります。 発売枚数限定の安い立席特急料金とはなりません。 普通入場券の場合は、全区間の旅客運賃が更に徴収されます。 グリーン車の場合は、自由席特急料金+Aグリーン料金も更に必要です。 新幹線には、車掌から買う車内料金と駅での事前料金の差はありません。 ただ、新型コロナウイルス下で、必ず空席はあるようですが…。