直通管とブレーキシリンダーの圧の不一致について。電磁直通ブレーキの車両は通常、ブレーキシリンダーの圧は中継弁の働きによって、僅かなタイムラグこそあるが直通管とほぼ同じ圧力になるはずです。

鉄道ファン | 鉄道、列車、駅46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

それと電磁直通ブレーキでは、電空協調制御のような演算をともなう高度な制御は行っていません(その必要がありません)。 気圧抵抗器といって、直通管の圧力で動く可変抵抗器を用いた装置で、ただ限流値を変えているだけです。 界磁添加励磁制御でも抵抗制御域では回生ブレーキを切ってしまうので、あんまり上等なシステムは使っていません。

その他の回答(2件)

0

電気ブレーキをもっている車両の場合には、電空協調制御とか、遅れ込み制御とか呼ばれる動作が行われ、高速領域は電気ブレーキ、低速域は空気ブレーキが使われます。また電気ブレーキが不足したら不足分は空気ブレーキで補います。 電動車の場合には、運転台のブレーキ弁の電気的や直通管のブレーキ動作指示は電空協調制御装置を介して電磁弁→中継弁→ブレーキシリンダーに伝えられるため、電気ブレーキを使っている領域ではブレーキシリンダーは動作せず、直通管の圧力だけが上がる形になります。