新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/6/14 12:47

44回答

7月から大学でコロナワクチン接種が行われます

大学 | 病院、検査89閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

実際どうなのかは、質問者様の考え方でしかありません。 まず、コロナワクチンの抗体取得率は、ファイザー製なら95%ですし、モデルナ製だと94.5%です。 アストラゼネカ製は70%となって居ます。 ちなみにこの数字は、1回目の接種で抗体を取得出来る人の比率なので、95%だとすると、100人が接種をすれば95人は抗体を得てコロナにかからなくなる。という物になります。 ただし100人中5人が漏れてしまうため、2回目の接種もする訳です。 漏れる確率は5%な訳なので、2連続で漏れる可能性は5%×5%=0.25%という事になります。 つまり99.75%の確率でコロナを防げるようになる。という事をどう考えるかです。 ただし、インフルのワクチンでもそうなんですが、どうしても肌に合わなくて副反応という物が出る人が居ます。 注射した所が腫れたりする場合や、熱が出る場合もあります。 ただし熱が出たり腫れたりするのは、身体がしっかりと対抗しているからなので、それはそう言う物だと思うしかありません。 ただ・・・ 日本のワクチンは、現在はファイザー製とモデルナ製を使用していて、アストラゼネカ製は使用していません。 元々ヨーロッパでは早めに開発されたアストラゼネカ製が主流でしたが・・・ このアストラゼネカ製の副作用として、血栓が発生して死ぬ。という副作用があります。 イギリスの場合、4月時点で19人の死亡が血栓で確認されています。 が、100万人あたりに換算すると4人なので、死亡確率は0.0004%になります。 でも抗体取得率は70%なので、2回接種すれば91%の確率でコロナを防げます。 アストラゼネカ製の場合、91%の確率でコロナを防げるけど、0.0004%の確率で死ぬ。という事になるので、死亡リスクも踏まえて、欧州の一部の国では使用停止になりましたし、日本でもファイザー製やモデルナ製が足りなくなった場合の予備的な扱いで保管されて居て、実際にアストラゼネカ製の接種は始まっていません。 が、イギリスで19人死亡した事が重要で、大量の人達に接種すると、数人や数百人だと良い結果だったのに、何万人単位でやっているとこういう感じで悪い結果が出る事もあります。 ファイザー製やモデルナ製で死亡した。という事例は直接的には無いです。 (前述の副反応で熱が出たので病院に行こうと運転をして高熱でハンドル操作を誤り事故って死亡などの例はありますが・・・) ただ、もしかしたら1億人に接種をしたら、1億人に1人くらいで発生する副作用が発見されるかもしれません。 要するに、副作用はあるけどまだ見つかって居ないだけ。という可能性はあるんです。 例えばですが、50年後に突然死ぬ病気にかかるようになる。とか、そういう可能性もゼロでは無いです。 短期的な副作用は、無いまたは物凄く確率が低い。という事はここまでの接種で分かって来ました。 が、世界中で見てもワクチン接種から2年以上経って居る人は居ないので、例えば3年が経過したら下痢が止まらなくなる。という副作用が出るかもしれません。 だからワクチンに反対している人達は、そういう将来的な危険性もあるので、打たない方が良いんじゃないのか?という意見のひとが結構います。 でも短期的にはほぼ大丈夫な事が分かっているので、コロナを防ぐ為に打つべきじゃないか。という意見の人達も居ます。 なので、コロナのリスク。を考えるか、副作用などのリスク。を考えるかなんです。 これは各自の考え方になるので、一概にどうだとは言い切れないですよ。 とりあえずはそんな感じですね。 長くなりましたがとりあえずはこの辺で。

1

急ぎはしませんが、順番が来たら受けるつもりです。 感染も接種もハイリスク要員なので、そのような体制で接種してもらいます。 Net上に確かに「ワクチン危険」っていっぱいありますね。 「感染危険」も「接種しようよ」も「ワクチンローリスク」も、同じくいっぱいあります。 どんな立場の人がどんな都合で、どんな情報を元にどれだけの責任をもってそれぞれの発言をしているかを検証してみて、自分で判断してみたらいいと思います。

1人がナイス!しています

1

感染すると命を失ったり後遺症が残ったりする病気を予防するワクチンです。打ったほうがよくないですか? 打つ機会があるならば打つのがお得だと思いますよ

1人がナイス!しています