ID非公開

2021/6/14 13:41

11回答

志賀直哉の作品で「彼は皆の話を聞きながら、葡萄の皿を抱え込むようにして、一人その身を丹念に指先から口へ滑りこましていた。」

文学、古典 | 小説14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!!! 大変助かりました!

お礼日時:6/14 14:07