ふるさと納税がいまいちよく理解できません。

税金 | 税金、年金116閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

納得できました。ありがとうございました。

お礼日時:6/17 22:42

その他の回答(3件)

0

まあ、考えは間違っていませんが、あなたが支払う総額の住民税は変わりません。今払うか、後で分割で払うかです。分割で払う金額を減らすため、そうまでしてあえて、今払う意味は何でなんでしょうかね。

0

> 特別徴収される税額を減らしたければ、 > シミュレーションした金額よりも多くふるさと納税をすればよかった その通りですが、シミュレーションによる「ふるさと納税推奨限度額」が正しいかどうかによります。 質問者さんの場合、 -- 2019年の収入を元に、ふるさと納税のシミュレーションをした -- ふるさと納税は、2020年末にした、、、 従って、2019年の収入+2020年昇給分でシミュレーションすべきだっただけと思います。 この場合、社会保険料の変動も大きい筈で、これも織り込まねばいけません。 ふるさと納税する前の住民税課税所得の確認(推測)が必要だったのでしょう。

0

>シミュレーションした金額よりも多くふるさと納税をすればよかったのでしょうか? いいえ。 寄附金控除には限度があります。 シミュレーションは自己負担2000円という最低負担の限度ですから、その限度を超えた寄付をすると自己負担がもっと増えるので意味がありません。 そういうものです。 年収が増えたのですから、担税力も増えます。当然と言えば当然ですがね。 他の方法で税を減らしたいならイデコぐらいでしょうね。