ID非公開

2021/6/14 23:24

2626回答

内閣不信任案は何のために提出するんですか?可決されたら、総辞職か衆議院解散総選挙ですが滅多に可決されないですよね?

政治、社会問題 | ニュース、事件1,875閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

3人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(25件)

1

要するに、自民党改憲案が、9条改正のドサクサ紛れに、9条以外を全部改悪する内容なので 憲法改訂を発議させず、国会時間切れにするため 牛歩したり モリカケ空転したり 審議拒否したり 不信任案をだしたり 総て、改憲発議を時間切れでさせないための 時間稼ぎです そして、万一自民党で内応する勢力があれば 不信任案可決 解散 総選挙になり 自民党が負け2/3を失えば 改憲を封印できる

1人がナイス!しています

8

今回のはポーズでしょう。オリンピックは来月開催だし、ここで解散なんかできるわけがない。それを見越して出したんだよ。野党も無駄なことするね

8人がナイス!しています

3

否決されようが大きく報道されますから、国民が今の政権で良いのか?考えさせる効果はあるでしょうね。まあ、あらゆる審議が止まってしまい、野党が逆に国民の反感を招く結果になってしまっていますけど。 あとは自民党自身の乱れが狙い。否決されようが、支持率が下がってて不信任案提出にまで至った内閣を、自民の若手議員やスカ首相をよく思わない幹部は危機感を覚えるはず。選挙だって近い訳だし。

3人がナイス!しています

1

昔は、内閣の言動にだらしなさが出てきたら与党内からも反発がでて総辞職なんてこともありましたが、最近は内閣がだらしなくても金を掴んでいる幹事長が強すぎて総辞職にはなりませんね。その結果、無能政権の延命に繋がってしまっています。

1人がナイス!しています

2

>> 滅多に可決されないですよね? そうですね。内閣総理大臣自体だって、自分たちが選んだ人なのですから、内閣不信任というのは、 「自分たち(国会議員)は、間違いだった」 と認めるようなものです。なので、めったに可決はされません。 可決される場合は、与党内で造反が起きる場合ですね。 与党内にも、A派、B派、C派、などが居ます。また、国民と同じように、「無派閥」も多いわけですね。 で、彼らが動くと可決されたりします。 もちろん、内閣不信任は、 「自分たち(国会議員)は、間違いだった」 ということですから、自分たちも(責任を採って)辞職という流れになる場合も多いです。それが、あるいみ、内閣不信任可決後の、「解散」ですね。

2人がナイス!しています