回答受付が終了しました

私のようにアルテックのSPでクラッシック音楽も聴いている人はとても少ないと思いますが、

補足

みなさま、申し訳ありません。私の不覚でした。自分のA5の500ヘルツ以上の中高音側の音量全体が低すぎるのではないかという可能性を思いつき、ディヴァイディングネットワークにあるコントローラーで10dBぐらい音量を上げました。それで問題解決しました。でも、A4で聴くクラッシックには興味がありますので、引き続き、情報をお待ちします。アルテックさんごめんなさい。

回答(6件)

0

残念ながらA4を鳴らしている店、しかもクラッシックはありませんでした。(関東地方) 少し話はズレますが、アルテックのどの様なSPなのでしょうか。 何もJAZZ系だとか決めつけるのはおかしい感じがします。ウエスタンになるとどうなってしまうのでしょうか。 現代の一般的な方向性とは違いが有るとは思いますが、要は鳴らし方が難しいのでは無いでしょうか。ウエスタンの555あたりを聞くと、音楽に入ってしまいそうな感じです。 映画館用に開発された機種ですから、どのアンプでというようにそれなりの力量(お金も含めて)が求められますね。

それで解決したのでしょうか。 どの様なアンプでなされているのでしょうか。 思い出しました。 瑞江にある「レジーナ」はA4では有りませんが、アルテックでした。良い音で鳴っていますよ。是非、視聴あれ。

0

>音の湿度感の低さ、響きの少なさ、のために情緒性が出ない、ということなのか ーー> 逆では? JAZZではそれが好まれます。 クラシック用は、そのような麻薬的なないものが、正当だと思います

クラシックでは、フルレンジで後面開放がいいのです。 タンノイなどのホーンは良くないと思います。 あの余韻がいいという者も多いですが・・・ うひょひょ・・

0

ま、好き好きですから。 その音が耳に合えば良いのではないかと。 料理の味付け、トッピングだって人それぞれ。 ただ味に深みがない、物足らないとなったら、そこは趣味の世界、追究しないとなりません(笑)。 もしアルテックにクラシックが合わないとすれば、クラシックがヨーロッパ文化だからでは? 逆にアメリカのJAZZなら合う。 てか、音の方向性が同じ。 スピーカーにクラシック用もJAZZ用もないなんでのはウソ。 キチンと聞いてない、追究してない証拠。 ま、安上がりの安い耳。 ホロヴィッツをアルテックで聞いた事があります。 アメリカ録音の所為もあり、実に見事なJAZZビアノになっていました。 マッキンも同じでは? クラシックの、ヨーロッパの、深みと云うのは実に難しい。 コッポラ監督はヨーロッパ映画の深い黒を出そうとして失敗し破綻したくらい。 自分が聴くのはクラシックが大半なので、ヨーロッパ製品ばかり。 それも国別です。 ドイツ音楽を聴くにはドイツ製品、フランス音楽を聴くにはフランス製品、イタリア音楽を… SpeakerはSpeak。 言語に関連する。 ドイツ人の話すドイツ語、フランス人の話すフランス語でないと。 イギリス製は余り使わないです。 イギリスはクラシックが少ない。 イギリス製スピーカーは汎用性は高いが、ドイツ音楽には重心が高過ぎ、フランス音楽には色気がない。 あ、イギリスと言ってもB&Wだのタンノイだのエントリー用、子供騙しなのではなく、WharfedaleやLeakとかですが。 さらに機器は録音の時代別。 50年代、60年代、70年代。 80年代以降はデジタルだから余りこだわらないです(笑)。 ま、多い時には大小40本くらいスピーカーがありました。 知り合いを見てもアメリカ製はいないですね。 ここでクラシックをJBLとかWEとかアキヘーズで聞いている人がいて驚いたくらいです。 音源が、音楽が勿体ない。 アルテックのお店を御存知であれば、懇意になって掛けさせてもらうのが1番かと。 20世紀FOX、映画館みたいになりそうですが。 具体的に店名を知らず、申し訳ありません。

とすると、クラッシックを聴くときに好ましいヨーロッパ製品としてドイツ製を示唆していらっしゃるのでしょうね。クラングフィルム製造のオイローパ号は私も、A4よりも聴いてみたい対象です。今から、情報がないかこの知恵袋で聴いてみます。

0

アルテックのSPの音質の癖が好みならば、それで良いと思いますが、 トーキーの音が強く私はダメでした。 タンノイでクラシックが聴けないのでれば、他に評価するSPは無く 多分貴殿はアルテックのSP以外は、良い点があっても違う。 と否定する方の用ですので、ピンキリのアルテックのSPの音質はは全て受け入れそうですので、フルレンジの409-8Eでも最高に聞こえるのじゃないですか?

ありがとうございます。トーキーサウンドがダメという感覚はおそらく、クラッシック音楽を聴く方の思いなのではないかと思いますが、私はトーキーサウンドが一番だという実感でいます。そのレベルでのクラッシック音楽であればアルテックでも入り込めるのではないかと思っている次第です。ですが、現状の自宅のアルテックサウンドは、ジャズやヴォーカルにはよいので手放せないのですが、クラッシック音楽ではPCの中のSPの音にも負けるのではないかという思いがあります。そう、クラッシック音楽の持つ精神性が出てこないという感じですね。最近マッキントッシュのごく安いSPでベートーベンを鳴らしたところ、その精神性がとても深いのです。アルテックでここまで鳴らしたい、という思いが生じています。

1

アルテックでクラシックって、珍しくないですよ。私の馴染みだったお寿司屋さんは、A5でアーノンクールを鳴らしていましたし、閉店した有名な館山の「コンコルド」は、店主の佐久間さんが、フルトヴェングラーを鳴らすためのアンプを設計されていましたが、メインスピーカーは確かA5(またはA7)だったと思われます。 流石に、A4はちょっと…ですが、こちらクルマやさんですが、聴かせてくれるそうです! http://www.siraki.net/search

1人がナイス!しています

ありがとうございます。そうですか、アルテックでクラッシックというのが少数派だとは、見ない方もいらっしゃるのですね。佐久間さんの姿勢は好きなので、コンコルドへは行ったことがありますが、その時にはまだA7にしていなかったのではないかと思います。で、最後は「風雪流れ旅」というボーカル系サウンドに行きついてしまった(テレビ番組で紹介がありました。)のは、アルテックの持つボーカルへの強みに、佐久間さんの音の趣味がリードされての結果なのではないかと、思ったりします。