回答受付が終了しました

ソフトバンクAirが平日の夜5Mbpsだったのに対して、ソフトバンクからレンタルしたpocket WiFiは平日の夜でも20Mbpsほど出ていました。

回答(6件)

0

両方ともモバイル回線をつかいますが、その回線の種類がまったく違います。 だからそのようなことは普通におこります あとは、近くで同じ回線を使うひとがおおければ、影響をうけます。

1

接続して使っているモバイル通信回線が違うからです SoftBank Air が使っているモバイル通信回線は大昔 j-phone と呼ばれたイギリスの会社が持っていたモバイル通信回線をもったいないからと使い回しているので設備が古いだけのことはあって通信速度が遅い モバイル wi-fi ルーターは通常の SoftBank スマホが使っているモバイル通信回線でハードウェアとしては新しい通信回線で最高通信速度もより高速なので当然の結果でしょうね

1人がナイス!しています

1

移動用のPocket WiFiを固定化したのがソフトバンクAirです。 両者共、デフォルトでAXGPと言う2.5GHz帯のデータ専用電波を使っています。AXGPが低速の場合、4Gの電波を使う事も出来ますが料金がかかったり制限があります。 スピードの差は設置場所の差です。 ソフトバンクAirは窓際の床から高い位置に設置しないと高速通信出来ません。 ポケットWi-Fiは自由に動かせますし、窓に置く事も出来ます。 全く同じ場所、横に置いて速度を測定してみましょう。 Softbank/Ymobailが提供するのがポケットWi-FiとソフトバンクAirで、au/UQが提供するのがWiMAXでこちらも2.5GHz帯の電波を使います。

1人がナイス!しています

0

pocket WiFiはスマホと同じ4G,LTE回線。 ソフバンエアーはAXGP という周波数の高い電波です。