アドビ製品のPhotoshopとIllustratorについて、 これらのソフトのUIや操作がここまで違うのはなぜなんでしょうか。

Illustrator | Photoshop43閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ADOBEは最初はデザインやDTPのプロだけでのソフトの普及で十分世界中開拓して儲かっていましたが、いまはもうそれでは顧客が頭打ち。デザインやDTPの世界では新規ユーザー数はもうそれほど増えない。 なのでスマホレベルのプロ業務用途ではない、甘茶庶民底辺にまで、イラストレーターやフォトショップを買って使ってもらおうと、幼稚園・保育園レベルがぱっと見て「こんなことができるなんてスゲ~」と大喜びするような、食玩のおまけ見たいな、昔苦労してやったことが今度はコマンド1クリック、サルでも使えるほどこんなに便利になりましたぁ~と、いきあたりばったりの機能拡張のバージョンアップばっかり。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧にありがとうございます。 詳細でわかりやすいです。

お礼日時:6/18 14:00

その他の回答(4件)

0

イラストレーターという名前から、 絵を描くソフトとして認識している方が多く、 Photoshopは写真画像修正ソフトとして認識しているため 同じ土俵または延長線上にいるソフトだと思っている人が、少なからず居ます。 ですが実際はベクターデータ(点と線の集まりを管理)で作業するのと、 ラスタデータ(ビットマップ)によるピクセルという点での作業。 操作感に関してはやって慣れろとしか言えません。 最近はだいぶ共通な操作感出てきているくらいですよ。

4

元々扱ってるデータのデータ形式が違う訳なので、全く 同じにするのは不可能です。 Illustratorとかは伸びるゴムを扱ってるみたいなのに Photoshopは積み木を置いて表現するみたいなものなので。 今はUIを良く近づけたなとか思えるくらいですよ。

4人がナイス!しています

3

そんなに言うほど違いますか? むしろこれだけ概念の違うソフトを よくぞここまで近づけた、と思いますが。 自分を基準に考えるから そうなるだけでしょ? このソフトはガチ仕事する人のための ものなんですから この程度使いこなせない機械音痴は お引取りくださいませ、って事なんですよ。 スマホが一般人に広まってから メーカーは底辺に合わせすぎてると思います。 そりゃ、だからこそ 直感で使えるよう進化できたわけですが 人間のナマケ心は際限が無いんですから あなたのような 努力もせずふんぞり返ったオキャクサマが 増えるだけで 世の中のためになってないんじゃないかと。

3人がナイス!しています

4

そもそも開発チームすら違うわけで。 ある程度足並みそろえようとはしてるけどラグはある。 それでもここまで近ければ十分だと思うわけで。 逆に苦手と思い込んでるからこそそれが障壁になってる気もするけど。

4人がナイス!しています