刑法 空手の有段者が、道端で男に襲われている女性を発見したため、止めに入って加害者の男を投げ飛ばして怪我されたとします。

法律相談 | 事件、事故59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

なお、仮に故意・過失を違法要素と解するとしても、それらは正当防衛の要件に関係しません。 違法故意・過失が類型化された構成要件的故意・過失が構成要件段階で存在することは、違法段階で正当防衛を検討する前提だからです。また、違法故意・過失そのものも、犯罪の程度 (ob) に関係するだけだからです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。参考にさせていただきました。

お礼日時:6/23 20:29

その他の回答(8件)

0

…………空手に投げ技あったかな? 空手の技である、突き、けり、は、あえて使わず、専門外の「投げ技」で対応したってことか… ボクサーが、キック使ったようなもんだな………… ということは…… せいぜい体育の時間にカジッた程度の柔道の投げ技程度だから、空手の有段者でも専門外の武術なので、、… 別もんじゃないかな?

0

やり過ぎたらダメ。相手が8悪い事してて、あなたが10悪い事した(大怪我させるとか)と判断されたら罪になります。

0

正当防衛には該当しないと思えます。 正当防衛はあくまで自分が被害を受けた時に発生するものですので・・ 助けに入って、加害者に怪我を押させた場合は、正当防衛にはなりませんが、正当な理由として認められ、事情徴収だけされて釈放というパターンになるかと思います。 現に、私は強姦魔の被害に遭っている女性を助け、強姦魔を動けなくした経験があります。 やや、やり過ぎたこともあり、警察から注意は受けましたが、それだけでした。事情徴収を受けた後、すぐに帰してもらえましたよ。 ただし、怪我の程度は重要だと思います。 複雑骨折をしたり、命の危険があるような攻撃はアウトですね。

0

刑法37条の緊急避難行為に該当します。よって処罰されないと思います。 加害者を投げ飛ばした行為が、被害者が受けた行為と比較し、程度を超え ていると認定されれば、過剰防衛となりますが、刑の減軽とか免除され ると規定されています。ま・・加害者の目的により、結果が異なると思い ます。