ID非公開

2021/6/16 10:16

55回答

czジルコニアとダイヤの輝きについて

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:6/16 23:26

その他の回答(4件)

0

そもそも石の性質上、CZの方が数字の上でもディスパージョンが強いですし、肉眼でも明らかに違いは分かりますよ。 ただし、最上級のダイヤとの比較ですと分かり難いかもしれません。

0

スワロフスキージルコニアのラウンドは、ダイヤとほぼ同じであると説明したグラフがついてきたような……。 私が持ってるジルコニアは白くモヤががっていてダイヤには見えないので品質がいいものだとキラキラなんですかね。

0

気のせいではないと思います。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ダイヤモンド類似石 こちらの「ダイヤモンドとその類似石の鉱物特性」をみてみてください。 分散という指標があります。そこをクリックするとプリズムで光が分けられている図が見えると思います。この性質を一言でいうと「石が虹色にきらめく度合い」です。 合成石は天然石よりも欠陥などがない完璧な石である、というのももちろんあるのですが、それに加えて、キュービックジルコニアやモアサナイトはダイヤモンドよりも分散が大きいので、虹色に(様々な色に)キラッとしやすいです。 虹色度合いが大きければ、カラフルで華やか、輝いている印象を受けることもあると思います。

0

ダイヤモンドは天然なので内包物があり、それが輝きを遮ります。また全て手作業でカットされているのでカットのグレードによって輝くものもあれば全く輝かないものも出てきます。 ジルコニアは人工石なので内包物がなく機械でカットされているものもありますのでダイヤより虹色ギラギラに輝くことが多いです。ギラギラすぎて逆に偽物感でちゃうんですよね。