第二次世界大戦が始まった根本的な原因って世界恐慌なのですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

賠償金問題で苦しんだのはあくまで1920年代の前半であり20年代後半にはすでに解決しているうえに、ナチス政権になってからは賠償金は消滅したのでWW2の原因とはなりません。 大恐慌が直接的な原因となるでしょう。

1

「アメリカ、イギリス等が独占していた中国利権」って回答してるtad********さんって方は、九ヵ国条約もご存知ないのでしょうか? だいたい、アメリカこそが日本のアジアにおける特殊な地位と権益認めた擁護者じゃあないですか(苦笑 満州事変による満州国なんて、どうみたって日本の沃野でありますから、世界からみれば「日本が独占した中国利権」でしょうに・・・ そもそも、平和主義と自由を基底に、機会均等を約した世界秩序(ベルサイユ・ワシントン体制)が、第一次大戦後に構築されていたでしょうに・・・なにを言ってるのでしょうか 「ドイツから相手国が多額の賠償を取ったから」もおかしく、ナチスが政権をとる前に数次の救済策で、ドイツの賠償金問題は事実上の解消をしています。 時系列もムチャクチャで、「日本は東南アジアの資源確保の為、出兵」とはすなわち南部仏印進駐であって、この結果として日本は経済制裁を食らうって経緯ですから。 日本やドイツにも戦争という悪手を撰んだ理由や背景はあり、歴史学の視座においては善悪はないですが、せめて時系列くらい基本の基本は正しく認識してくれないとねえ で、ご質問の本旨ですけど、まず世界恐慌はバックグラウンドとしては大きな因子ですが、直接の機序ではありません。 まず、日本は1920年代に大陸へ排他的な権益を有しているという、前述したレジームに反するドグマへと変容していったんです(これに是非はありません) 同じく、ドイツも第一次大戦前から、ドイツには凡ゲルマン圏という版図を有しているという世界観があり、また第一次大戦の敗戦でポーランド回廊が出来てしまったように、失地回復を遂げたいという潜在的な欲求があり、そこにナチスドイツの選民思想が入り込んでいったんです。 こうして、日本やドイツは、前述のレジームから離脱して一国主義で国益を追求する選択を行い、すでに戦争は不法の時代でしたが、強制力(武力)を伴った権益拡大を行ったので、世界秩序と摩擦になり、欧州とアジアそれぞれで大きな戦争(独ソ戦。日中戦争)が始まり、世界秩序を構成する大多数の国家VS枢軸という図式で、第二次世界大戦は始まったのですよ

1人がナイス!しています

1

直接の原因は第一次大戦で互角であったドイツから相手国が多額の賠償を取ったからですが、一方同時に起こった太平洋戦争については、アメリカ、イギリス等が独占していた中国利権を日本が奪うと考え日本に石油、鉄などの輸出規制をして経済封鎖をしたことが原因と思います。その結果日本は東南アジアの資源確保の為、出兵することになりそのことでさらに厳しい条件をアメリカから突き付けられ、開戦のやむなきに至ったと考えます。

1人がナイス!しています