ベートーヴェン 熱情3楽章とショパン スケルツォ1番ならどちらが難しいですか?

ベストアンサー

0

アドバイスありがとうございます とても具体的で、スケルツォ1番がいかに難しいか分かってきました。バラードは弾いたことないですね。 返事ありがとうございます

ThanksImg質問者からのお礼コメント

アドバイスありがとうございました!

お礼日時:6/18 11:37

その他の回答(3件)

0

比較基準がわからないんですが、右手を聴いてますか? スルツォ1番は、左手の曲なんです。左手のリズム感が全く出せず、右手だけで四苦八苦するという話なら、熱情とさして変わらないのかもしれない。 教えてくれる先生によっても、まったく違います。先生が弾けたレベルに達していないこともあります。というレベルの曲です。 熱情もいい曲なんですが、スケルツォ一番とは比較にならないですよ。難しいです。

アドバイスありがとうございます(*Ü*) スケルツォは左手の曲なんですね。ピアノの先生でも弾きこなすのが難しいくらいの難曲なんですね。 いつかは弾けるようにがんばります✊ ありがとうございました。

1

たぶん同じくらいだと思う。 どちらをやるにしても、完成に近づくまで4~6か月くらいかかると思うな。

1人がナイス!しています

1

スケルツォ第1番の方が難しいです。 指や腕の使い方もさることながら… 熱情3楽章は譜面どおりに弾けたらそれで「熱情」らしく聴こえますが スケルツォ1番は旋律を浮かびあがらせるのに意識して弾き込まなければ曲にならないので難物です。

1人がナイス!しています

アドバイスありがとうございます スケルツォ1番の方がテクニックもさることながら、たくさんの難関があるのですね。 いつかは弾いてみたいので、練習に励みます。 ありがとうございました。