ID非公開

2021/6/16 15:47

1010回答

ミート率の意味が、いまいちよく分かりません。

補足

初速÷ヘッドスピードという式を書かれている人が何人かいましたが、初速とヘッドスピードが仮に同じだったとしても、芯から大きく外れた場合とスイートスポットで当たった場合とでは、違ってくると思うのですが、どうなんでしょうか? いまいち納得がいかないので、説明できる方がいたらお願いします。

ゴルフ84閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

補足に関しての説明ですが、ミート率はヘッドスピードに対してどれだけ速くボールが飛び出るかということなので、芯を外せば確実にミート率は減ります。 何故ならば芯というのはゴルフクラブの構造上最も反発が出る場所です。 芯を大きくはずしたのに芯に当たった場合と同じ初速というのは普通のゴルフクラブならばあり得ない話です。 そして、何があっても初速とヘッドスピードが同じであればミート率は同じです。 それが数式です。 V=RIや距離=速さ×時間の計算と同じです。 絶対に変わらない公式です。 それが物理学です。 もしかしてミート率が良ければ飛距離が比例して良くなると思っていますか? だとするとそれは勘違いです。 ミート率が低くても打ち出し角やスピン量が最適ならばそちらの方が飛ぶ可能性もあります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 なるほど。言われてみれば、芯を外しているのに初速が同じってことはあり得ないですよね。 まあ、ミート率だけでなく、打ち出し角度やスピン量によっても飛距離は変わってくるというのは驚きました。 よく考えると、奥が深いですね。大変勉強になりました。

お礼日時:6/18 8:57

その他の回答(9件)

0

同じ場所に当たっても、ヘッドスピードが速くなるとミート率が悪くなる。 式書いて何か言ってる人は、無茶苦茶。

1

逆にいうと、ヘッドスピード が遅いなら高いミート率を出しやすいってことですね。 実際に実験してみるとわかりますが、ヘッドスピード 45くらいでミート率1.4が限界って人がヘッドスピード 37くらいに落とすと、ミート率1.4は楽に超えられます。 おそらく、この後に物理に詳しい人が書いてくれるとは思いますが、運動エネルギーの K=1/2mv^2 で、v^2より1/2の影響が大きいからだと思います。 たぶん。あとは物理に詳しい方よろしく。

1人がナイス!しています

0

ヘッドスピードが速くなりシャフトが暴れると、まともにボールに当たらなくなってミート率はそうとう落ちます。シャフトが命、シャフトとの相性が問題です。

ミートとは芯の近くで当たることで、ヘッドのエネルギーがまともにボールに伝わり、エネルギーとなって飛距離も出ます。 もし芯よりやや遠いところに当たるとヘッドが捻れる現象が起こり、ボールが曲がったり飛距離をロスします。プロは芯の近くで打つ練習を毎日します。