回答受付が終了しました

【チップあり】シンセサイザーについて質問です。

ピアノ、キーボード | バンド30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(3件)

0

Q1:シンセとキーボードの違いは? A1:キーボードは必ず鍵盤がありますが、シンセサイザーは波形を加工して出力する装置みたいなものですので、鍵盤が無いものもあります。ソフトウエアとかもありますね。 なお、シンセサイザーも含めてキーボードという言い方もあります。 この場合、シンセサイザーの出力トリガー(スイッチ)のために鍵盤が付いているものと言っていいと思います。 見分け方は、鍵盤が付いていても音が加工できるかどうかですかね。 後述する「プリセット音源」を切り替える事はキーボードでも出来ますけど、加工はシンセサイザーのお家芸なので。 ただ、今の音楽シーンは純粋に一つの音源だけでキーボード演奏が成り立つほど簡単じゃないので、キーボードと言っているけど実はシンセサイザーというのがほとんどだと思いますよ。 なお、鍵盤が無いシンセサイザーはパットだったり、単に押し釦だったりするものが出力スイッチになっています。 Q2:ヒゲダンのPretenderやノーダウトみたいなザ・シンセっぽい音色ってなんで名前なんですか? A2:聴いたことが無いのでアレですけど、たぶんザ・シンセというぐらいなので、シンセしか出せないような音色というと、一般にストリングスという言い方をしているかと思います。オルガンと弦楽器が束なって同時に鳴ってるような重厚な音色?の事かなと。違ってたら御免なさい。 Q3:BUMPのプラネタリウムやrayのぽわーんみたいな音色の名前は? A3:こちらも聴いたことないのですけど、水滴が落ちた時に似合うような音ですかね、効果音の一つかなと思いますが、名前までは存じないです。申し訳ない。 シンセドラムの「ぽぴゅん」という音?と思いましたが、ちがうかな? Q4:中古含め1万〜1万5千くらいの価格帯でおすすめの機種があったら教えてください! A4:その価格帯だと、音作りに苦労する気がします。 今のシンセサイザーってプリセット音源(あらかじめ入っている音)を一旦出力し、それを加工して自分の求める音にしてから再登録することで、再現性を高めています。昔は、音源を奏者がゼロから作ってました。 古いシンセサイザーでそれぐらいの価格のものは、そうしたプリセット機能がないものもあり、求めている音があるなら、そこに到達できない可能性があります。 まるっきりシンセサイザーを知らない人が使うと「こういう音が何で出せない」というジレンマに陥るでしょう。 もう少し予算を出して、Roland JUNO-Di あたりを買うのをお勧めします。 この辺のものだと、今スタジオでも活躍していますし、作った音をUSBに登録し、別のJUNO同等のシンセに読み込ませて、音を再現することも可能です。 ご質問から目指したい音があるようなので、加工して使う事を考えると安いものは、それも苦労するよ、という事が言いたいだけです。

0

シンセ 1.電子技術で作られている楽器の一般的な総称 2.生楽器音ではない、電子技術特有のアナログシンセ音のこと。またはそういった音を専門に出す電子楽器のこと。 キーボード 1.鍵盤楽器の総称。 2.電子鍵盤楽器の中で、電子ピアノとカテゴリー分けするための便宜上の言い方。 邦楽は聴かないのでよく解りませんが、一般論で言うとシンセリード、シンセパッド、シンセブラス、シンセストリングス、エレクトリックピアノやエレクトリックオルガンのバリエーション等。 ライブで使うのなら、一般的には新品で7万円~中古で4万円~ たとえばYAMAHA PSR-E463 3万円ほどで済ます場合や、 アナログシンセ音だけあればよいのならミニ鍵盤のmicroKORGでもよいですが、何れにしろ1.5万円以下は金額的に厳しいと思います。

0

1 シンセには鍵盤がついていないものがあります。つまり直接弾けないものがあるということです。 キーボードはその名のとおり鍵盤です。 4 個人的にはヤマハのSY77をおすすめします。 30年前の機種ですが、今ならそれくらいの予算で手に入ります。 いい音がしますよ!