ε-δ論法についてよく分かりません。 任意の正の正数εに対して,ある正の実数δが存在して,0<|x-a|<δ なら |f(x)-A|<ε との事ですが、逆に、

補足

図形で考えれば間違いなのはすぐ分かりますが、言葉で詰めて矛盾がでる方法が分かりません。

数学 | 大学数学8閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0