贈与税の定義について教えてください!

税金 | 法律、消費者問題24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

その他の回答(2件)

0

贈与税の定義じゃなくて贈与の定義、 民法上の贈与契約は民法第五百四十九条に「贈与は、当事者の一方がある財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。」と規定されてます。 つまり贈与する側が財産を無償で提供し、受ける側がそれを受け取るのが贈与。 >年間110万円まで非課税があるとあると思うのですが 違うよ。110万円というのは非課税じゃない。(基礎控除といいます。) 贈与財産はまず贈与税の課税されるもの(課税財産)と課税されないもの(非課税財産)に区分されます。 贈与税の計算は課税財産の価額を合計(課税価格の合計額)し、基礎控除額110万円を差し引いた残額に対して税率を乗じて税額を計算します。 非課税財産は最初から上記の合計(課税価格の合計額)に含まれないから110万円など関係なく贈与税は課税されない。 >毎日、子供にご飯とかは当然あげてますが、その金額は含まれないですよね? 子供に対するご飯などは、民法上でも税法上でも贈与財産となりますが、扶養義務者間における生活費や教育費に充てる為の贈与財産は非課税財産なので贈与税は課税されません。

0

贈与の定義は民法でされています (民法) (贈与) 第五百四十九条 贈与は、当事者の一方がある財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。 通常必要な生活費は贈与税を課税しないこととされています (相続税法) (贈与税の非課税財産) 第二十一条の三 次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。 二 扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの