ID非公開

2021/6/17 18:25

66回答

発達障害のある皆さん、コミュニケーション能力を磨こうとしているか、諦めてコミュニケーション能力を求められないようにしてるかどちらですか?日常も仕事も含めて

2人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

「追記」 まだそれが楽しいのなら別ですが、仮に辛く苦しい思いして磨き続けたとしても(しかもそこまで多大な成果が得られるわけではない)、極端な話、そんな思いに多大な時間を消費するなら、ある程度はさっさと諦めて自分の好きなことや楽しいことに費やした方がいいのではないか。 結局、どちらかを一方を選ぶという二者択一ではなく、どちらにどのくらいの比重をかけるのかという話ではないのかなという気もします。

その他の回答(5件)

1

私も他の方々と同様、人とのコミュニケーションはトラブル防止の為にも極力、挨拶と必要最低限に留めているので後者寄りです。 でも相手から話しかけられた場合は、可能な範囲ではあるものの、笑顔で相槌を打ったり共感するようには心がけています。(ただし冗談を言い合ったり気の利いた返しをして場を楽しくする事は全然出来ない、お世辞や社交辞令を真に受けやすい、考え方や感じ方のズレからトンチンカンなやり取りになりがちなどで、話しかけて貰えたは良いものの、こんな私に失望して距離を置かれたり、周りの人達へ噂や陰口などを言われてしまう事もあります…)

1人がナイス!しています

2

必要最低限の挨拶や返事、会話だけはしますが、どちらかというと後者になると思います。 以前は一般雇用で長年働いていましたが、我慢を重ねた末に限界がきて退職して(退職はコミュニケーションの問題もありますがそれだけではなく、とにかく他者と比べて仕事が出来なさすぎたり、諸々の積み重ね)、一般雇用時代の悪影響で一般就労自体に恐怖心しかなくなり、金輪際一般就労はしたくないとすら思うようになり、しかし働くという行為自体が嫌いなわけではないので、現在はB型事業所に通っています(一般就労は困難と診断されていて、発達障害の診断を受けた時点で医師に就労の支障について指摘されていました)。 作業所では一般雇用時代の精神的苦痛から解放されて大分楽になり、挨拶や作業上必要な会話、あと話しかけられたら返事はしますが、基本的に他の利用者の人とは自分からはコミュニケーションは取りません。 作業所関連以外の日常生活は、金銭管理の支援でお世話になっている社会福祉協議会の機関の担当の方や、週2回家事援助で来ていただいているヘルパーさん、障害者相談支援事業所の支援者の方、あと私は生活保護受給者なので担当のケースワーカーの方等、支援関係の方とは必要な会話はしますが(例外的に、ヘルパーさんや月3回お世話になっている短期入所のスタッフが方等とは、好きなプロ野球チーム関係の話はしますが)、それ以外は実妹ですらやむを得ない事情で連絡しなければいけない場合は、電話は無理なのでメールで用件だけを送り、普段は絶対に私からは連絡しません。 発達障害でも出来る範囲内で努力は必要な場合もあるかもしれませんが、どうしても無理な事や精神的に負担にしかならない事はやはり避けていますが、多くの方の助けで生活出来ている事に感謝しながら、真面目に生活するように心がけています。

2人がナイス!しています

2

ある程度は正しいコミュニケーションができるように自分自身で努力したり、主治医にコミュニケーションについてのアドバイスをもらいながらやってます。 仕事や日常では無理せず、挨拶と必要最低限のコミュニケーションはとってますよ。 コミュニケーションはある程度は求められていますが、私は障害者枠で仕事しています。

2人がナイス!しています

1

障害なので自身を変える事はできないと思ってます。 ですので、コミュニケーション能力を求められないようにしています。 友人は持たない、仕事の伝達事項はメールでやるなど文書で残すようにしてます。

1人がナイス!しています