海上自衛隊のC幹部は、

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

海上自衛隊のC幹部(幹部予定者課程)は准海尉・海曹長の中から選抜され、 12週(約3か月)の教育期間を経て3尉に任官します。 基本的には、圧力ではなく、本人の希望と所属長からの推薦で受験が可能です。

0

幹部予定者課程の学生全員が希望して入校してきているわけではないですが、上からの圧力で行かされている人ばかりでもないです。 40歳過ぎの准尉、海曹長にとっては体力的にはきついこともあるかもしれませんが、夕方の運動部(剣道部、ラグビー部etc)の活動などはなく、分隊単位での駆け足などが主です。総短艇はあったかどうか。 むしろ、今まで上級海曹のトップ(又は准尉)として各部隊で君臨していた人が服務規律、勤務生活面で厳格に押さえつけられる日々にプレッシャーに感じると思います。幹部と海曹の頭の切り替えに必要なショック療法なのですが。 脱落して原隊復帰というのは聞いたことがありません。

以前、幹部予定者課程の面接試験の試験官をやったことがありましたが、主任試験官の第1問「あなたは幹部に昇任する意志はありますか?」に対して受験者全員が「はい、あります。」と答えていました。本心、本音はともかく。 また部隊によっては徹底した面接試験対策をやっていることがヒシヒシと感じられる受験者もいました。