回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/17 22:19

33回答

歌ってみたについてです。

DTM | オーディオ34閲覧

回答(3件)

0

質問者さんが買われたのは、前の回答者さんのご指摘にあるとおり、5Vのプラグインパワーでうごくエレクトレットコンデンサマイクです。 ふつうのオーディオ用コンデンサマイクではありません。 なので接続は3.5mmミニプラグになっています。 よって、無慈悲にいうと、オーディオインターフェースなんかとは無関係で、DTMでは「お呼びでない」安物機材です。 ただし、ちょっとカラクリがあって、「ケーブルをXLRに交換し、ふつうのコンデンサマイクのようにオーディオインターフェースに挿して、ファンタム電源を投入したら動いた」という報告が多数あります。 そのメーカーはわかりませんが、支那エレクトレットのほとんどは、BM-800とか700というモデルがベースで、ほぼ同じだと思われます。 ただメーカー保証もなし、長時間接続の報告もなし、肝心のオーディオインターフェースが供給するファンタム電源の電圧もバラバラなので、まったく基準もありません。 最悪、まいくはもちろん、オーディオインターフェースが壊れることも覚悟して、接続してください。 とうぜん推奨オーディオインターフェースなんかありません。

0

コンデンサーマイクには高感度、低ノイズなどで本格的にファンタム電源48Vをかける必要があるマイクはXLRケーブルで接続するのが普通で、ファンタム電源を供給しないと機能しないのでそのままPCや拡声器に入力出来なおためにファンタム電圧をかけるためにオーディオインターフェイスが必要です。 それ以外のイコライズやミキサー機能などはおまけです。 URLのマイクはマイクプラグがステレオミニプラグですよね? 仕様が良く分かりませんが、PCやICレコーダーなどの汎用品でプラグインパワー5V以下位がマイク端子に供給されて動作するエレクトレットコンデンサーマイクだろうと思います。 当然オーディオインターフェイスは不要でそのまま便利に使えます。 一方向を強く感じる単一指向性(速度型)か耳と同じ全指向性(圧力型)かの表示さえないようですが普通に使えているなら問題ないです。

0

コンデンサーマイクをPCで利用するにあたってオーディオインターフェースが必要な理由は大きく分けて2つあります。 ① 一般的な業務用のコンデンサーマイクはXLR端子という特殊な3ピンの端子を使ってミキサーなどに接続しますが、普通のパソコンにはXLR端子を受ける穴がありません。そのため、XLRをUSBに変換してくれるための機械が必要になります。(最近のiPhoneにはイヤホンジャックがないので有線イヤホンを使いたかったらライトニング端子→イヤホンジャックに変換するケーブルを使う必要があるのと似た理由ですね。) ② マイクを通して入る音はとても小さく、機械がその音を認識できるようにするには音を増幅する必要があります。そこで「プリアンプ」と呼ばれる機械が必要になるのですが、オーディオインターフェースにはプリアンプが組み込まれており、それでマイクや声量にあった適切な値まで音を増幅するためにオーディオインターフェースが必要になります。一般的には「GAIN」と書かれたツマミがその増幅値をコントールするツマミになっています。 繋ぐ線としては マイク→(XLRケーブル)→オーディオインターフェース→(USBケーブル)→PCとなります。 ここまではPCに音を入れる「入力」の話です。 オーディオインターフェースには音を入れる機能の他に音を出す機能(出力)もあります。 一般的なオーディオインターフェースでは最低1つPHONEと書かれた大きなヘッドホンジャックのような穴があります。家庭用の普通のイヤホンやヘッドホンのジャックの3倍くらいのサイズの穴です。ここからPCの中の音が普通のパソコンについているイヤホンジャックの穴よりも高音質な音で出力されます。ここから出る音を質問者様がお持ちのヘッドホンで聞くことでより鮮明に間違った部分や良い部分が聞き分けられるようになり、高品質な作品作りに繋がるわけです。 出力の配線は入力に比べもっとシンプルです。 オーディオインターフェース→(イヤホンケーブル)→イヤホン・ヘッドホン と、普通のパソコンにケーブルを挿すのと全く変わらない感覚で繋げることができます。 纏めるとオーディオインターフェースは音のターミナルとしての役割を司る機械という認識で問題有りません。オーディオインターフェースの値段は本当にピンキリで性能も価格に沿って上昇しますので、初心者であれば予算を決めてからその予算以内で購入することをおすすめします。ここでいう性能とはマイクの本領を発揮できるような音質であるか、出力される音は元の音に忠実な高音質か、などです。 以下のリストは個人的なおすすめです。 1万円以内:STEINBERG UR12 2万円以内:STEINBERG UR22mkII 3万円以内:SSL SSL2 2万円以下のオーディオインターフェースは基本的にライトユーザー向けの最低限の音質のみなので、最初に少し高いけどいいものを買っておきたいというタイプの方でしたらSSL2をおすすめします。 差し支えなければ質問者様の購入されたコンデンサーマイクの型番とメーカー名を教えていただければより詳細な助言や回答が可能かと思います。 なにか追加で質問がありましたら、追記やコメントをしていただければアドバイスすることができると思いますのでなんなりと。