「Vivy Fluorite Eye’s Song」のニコニコ大百科のコメント欄が、自分も含めた批判と擁護の応酬となっていたんですが、どう思われますか?

画像

アニメ | ライトノベル131閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

君の名はは確かにそこは批判点として挙げられているものの、結果的に作品は大ヒットしているし絶賛も受けているので、その点には目を瞑っている人が大多数でしょう。この事はアベンジャーズエンドゲームにも言えます。

その他の回答(2件)

0

タイムリープでバッドエンドからコンテニューは使い古された王道でいいのですが バッドエンドの絶望感が希薄なのが他の同じ手法のと違う点かな フリーズして一流歌手になり 垣谷戦で消されてからの博物館での体たらくの方が今までの苦労したエピソードに比べてどうなのと思った 松本博士が子供からおっさんになるまで40年くらい?考え続けて作曲したってところももっと凄いことならそのようにえがかないと伝わらないよ 1回目の松本博士はヴィヴィな思い入れあったようだけど 正史では歌がそこそこ止まりで1号だから廃棄にならずに早々に博物館送りで歌えないとかのエピソードとか子供松本と交流あったんだろうか

0

応酬を楽しんでるんだから、別にいいんじゃ無いか? 個人的には矛盾があるからこそおもしろいと思うのだが