回答受付が終了しました

10年前に父親が亡くなりました。その後3か月くらい経って、市役所から1200万の税金滞納があり相続者の方で支払して欲しいとの書面が届きました。

法律相談 | 不動産258閲覧

3人が共感しています

回答(4件)

0

「相続放棄した」とおっしゃるのは、家裁で手続きをした、ということですよね。家裁での相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになり、それは将来にわたって確定されます。 差押の代金をあなたが払うということは、赤の他人の借金を払っているのと同じです。ま、本人が良ければそれでも構わないわけですが。 お父さんの妻や子供たちが相続放棄をしてから、お父さんのご両親や祖父母、ご兄弟も全員相続放棄をされたのですか? もし相続放棄をしていない人がいれば、その人がお父さんの持ち分を相続したことになっています。 もし全ての相続人が相続放棄をしたのであれば、お父さんの相続人はいませんから、家裁に相続財産管理人選任の申し立てをして、その管理人から買い取ることになります。金額は、家裁が選んだ鑑定士に鑑定してもらうか、財産管理人が複数の業者に査定してもらって出した金額になるか。どちらにしても、差押解除の費用とは別に売買代金を支払わないとあなたのものにはなりません。

お答えいただき有難うございます。今回市役所との協議の中で金額的に折り合いがつかない場合、部分公売(差押えの部分)をかけるということでしたので、そうなったら面倒なことになると思い差押えの解除にしてもらいました。遺産相続を放棄した私が差押え解除をするのだから当然私の所有になると勝手に解釈したのは致命的なミスだったんですね。公売になってそれを私が購入すれば問題なかったと思います。3番目にお答えいただいた方の言うように母親の持ち分だけ相続し父親の分はそのままにしておきます。有難うございました。

1

相続放棄しているので相続登記はできない。 相続財産管理人の選任手続きをした上で特別縁故者不存在確定まで持っていくしかないが多額の費用がかかる。 土地が母親名義ならとりあえず土地と建物の母親の持分だけ相続登記してそのまま住み続ければ。将来建て替えの時に建物取り壊せばそれで終わる。

1人がナイス!しています

1

むちゃくちゃ難しいご質問ですね。 私は弁護士ではありませんので自信はありませんが、一応まじめに考えてみました。 そのお父様の所有していた建物の持ち分2分の1の帰属の問題ですよね。 お父様がなくなり、相続人全員が相続放棄したということであれば、相続の話しはそこで終わりになります。 次に、その所有者が確定しないまま、いわば「宙に浮いた」持ち分はどうなるの?という話です。 この点、その段階で家庭裁判所に相続財産管理人の選任を求め、特別縁故者の存否確認などが終了し、その共有持分が承継すべき者のないまま相続財産として残存することが確定していれば、その共有持ち分はもう一方の共有者であるお母様に帰属していたと考えられます(民法255条)。 ただし今回はその手続きをしていないので、はてさてどうなるか・・・。 すでにお父様がなくなられて10年経ちますし、今更本来の手続きの相続財産管理人の選任まで必要かどうか・・・。 まだ、お父様の債権者がいるということですので必要なようにも思えますが、しかしすでに10年は経っているでしょうから、その債権も時効消滅しているだろうし・・・ 要はポイントとして民法255条に持って行けるかだと思いますので、弁護士に相談していただければと思います。 もし、それができて、お母様の所有に帰属していたということができれば、それをあなたが相続するという流れになると思います。

1人がナイス!しています

0

一度相続放棄した建物を再度相続することはできないはずです。それ以上は司法書士か弁護士に聞くとよいとは思います。中途半端な答えですみません。