パトカーにとめれました

運転免許340閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わざわざ、長文でどうにかして人を馬鹿にしたい方のコメントもある中、端的にお答えいただきありがとうございます。 長文の奴は わかりにくいから質問にだけ答えてくれねーかな、、、、 例え話とかいらねぇよ。

お礼日時:6/23 20:44

その他の回答(9件)

0

なにも聞かれてなくてもナンバープレートは覚えてると思うけど。それほど馬鹿じゃ無いよ警察は。

2

君のやったことは、道路交通法第七十一条第六号違反になる。(七十条と書いてる人がいるけど間違い) これは「公安委員会遵守事項違反」って言うんだけど、道路交通法を受けて、各都道府県公安委員会が独自に規制を定めていいよってはなし。 東京都道路交通規則を例にすると 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。 って決まりがあるの。 これに違反してるから、摘発されたってこと。 不服があるなら、駐在所に行って、交通反則告知書って紙と反則金仮納付書ってのを用意されるから「不服なので正式裁判を求めます」と言えばいい。 警察官が「わかった。そのように手続きしよう」といったら、何ヶ月か後に検察庁から呼び出しがある。もちろん平日ね。 そうすれば、正式裁判についての説明を受けて、違反についての質問(内容は間違いないか、出頭した君が違反者本人かなど)をされて、次に裁判の期日を伝えられる。 そして、期日に簡易裁判所の法廷で検察の起訴内容の確認があって、判事と君が話をして何が不服か?などをやりとりするの。 で、ほぼ間違いなく当日(あるいはその場)で判決が言い渡される。 間違いなく、有罪。罰金刑は反則金と同額程度。 けど、覚えておいてね。反則金は行政処分(過料)だから、ほとんど後にひかない。 けど、罰金は刑罰だから不利益がある。 資格試験を受けようとしても「罰金以上の刑に処せられ〇年以下のものは免許を与えない」ってのが、結構あるから。 反則金と同額でも、裁判所で「罰金〇〇円に処する」と言われたら、罰金なんだ。 警察官に違反したかどうかとか、草履ばきの何がいけないかなどは言っても無駄。そう言う法律なんだから。 けど、不服を主張する手立てはあるから、それを使ってもいい。 けどね、君が草履ばきで原付運転して、バランス取るのに足を動かそうとして引っかかって転倒したらどうする? 「オレはそんなバカはやらない」と思うなら、走ってきたバイクがそうやって転倒し、事故に巻き込まれた君の家族が死んだら? 相手は道路交通法で禁止されてる運転方法だったけど「そういうのは仕方ないっすね」で済ませるか?絶対にそんなことはない。君は暴れ回って「相手を死刑にしろ」だの「賠償金を一千億兆円払え」などと喚くと思う。 そう言う悲しいことが起こらないように決まってるのが法律。 もちろん、法律守っても事故を防げないこともあるけど、過去に事故が何度もあったから法律が禁止してるの。 それでも納得いかないなら、免許を返上して徒歩で生活すればいいよ。自転車だって道路交通法で規制されてるんだから。 質問文をみると、高校生かな? 成人した者が書くような中身じゃない。 早く大人になって、社会の仕組みや法律の意味を理解できるようになるといいね。

2人がナイス!しています

1

名前と電話番号があれば、住所や免許証番号にも簡単に辿り着けます。 1回目の電話をシカトしても、その時点で住所や免許証番号に行きついているので、もう観念するしかないでしょう。 大きな街の忙しいお巡りさんならともかく、普通なら巡回の途中であなたの自宅まで訪ねてくるかもしれません。 そうなったら、違反のことが家族に知れてしまいますよ。

1人がナイス!しています

3

出頭要請を受けたわけなので出頭しないと面倒なことが起こります。 書面による出頭命令がでて、それまで無視すれば逮捕される事もあります。 ※賞罰持ちになりますね 納得いかないのなら出頭して申し開きをしてください、ちなみにサンダルを履いて運転していたのは理由に関わらず事実なんですよね? 交通法規は理由に関わらず事実で取り締まりを行います、何か理由があって免責を受けたいのなら、不服を申し立てて処分の取り消しを要求する事になると思います。 ただ取り締まりを受けた地域がサンダルでの運転を禁止していないのなら、なぜ取り締まりを受けたのかしっかり確認してください、警察官の気分や思い込みで交通安全義務違反を乱用されたら困ります。 喧嘩腰で出頭しても良いかもしれませんが、軽い交通違反の場合には注意ですむ事が多いですので、警察官の印象を悪くして切符を切られてもつまらないので穏やかに話を進めるのが良いともいます。

3人がナイス!しています

2

止められたのは「道路交通法第70条(安全運転の義務)」違反に該当します。自動車でもオートバイ(源付も含む)でもサンダル履きはこの違反に該当します。 自動車の場合は車の中で見えないので止められない事が多いですが、オートバイは丸見えなので、現認されたからでしょう。自動車でもサンダル履きを現認されたら、違反になります。その場で切符を切られなかっただけ良かったかも。名前と電話番号を控えられていますから、その警察官が忘れず、かつ呼出に応じない場合、最悪切符を切られるかもしれませんよ。 自分も、運転席と助手席の窓にスモークを入れていて、警察官に止められ交番に来るように言われました。後日、スモークを外して交番に行きましたが本来なら整備不良で切符を切られるところを、注意だけで済みました。 https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-driving-shoes/

2人がナイス!しています